2016年 12月 05日
2016年12月02日 狭山丘陵だより フユシャク
しばらくぶりに天気の良い休み。
暖かさに惹かれ里山へ。

駐車場に着く前から小さめの蛾が飛んでいるのが見えた。あぁフユシャクの時期だなぁ。
雑木林の周りにはいくつものフユシャクが飛び回っている。今まで真剣にフユシャクの撮影はトライしていなかったが、今日は頑張ってみるか!

数は多いが、いざ撮影しようとするとなかなか止まらないし、止まっても近寄ると飛んでしまい近寄らせてくれない・・・。

その中に地面付近にこだわって、落ち葉に止まったり飛び上がったり、遠くにも飛んでいかない個体を発見。もしやと思い観察していると、落ち葉の裏側に回っておとなしくなった。
c0048196_14581717.jpg
手で葉をめくってみると
c0048196_14595432.jpg
交尾が成立していた。
スジグロフユエダシャク
この仲間は11月から2月ころ、普通のチョウは越冬してしまう頃に発生し雑木林を舞う。そして特徴的なのは♀の翅は退化し飛べない。なので♂は♀が出すフェロモンを頼りに雑木林を飛び回る。この触角で探すのかな?
c0048196_15114467.jpg
一時間ほど雑木林を散策して60頭くらい見たかな。もっといたかも。

チョウはというと、キチョウ1、テングチョウ1,ウラギンシジミ1♀、そしてこのヤマトシジミ1♂だけ見られた。
c0048196_15130467.jpg
THE END


# by ainomidori443zeph | 2016-12-05 15:13 | 狭山丘陵 | Trackback | Comments(1)
2016年 11月 04日
2016年11月04日 狭山丘陵だより 小春日和
この秋はウラナミシジミが多かったそうだ。残念ながら私にはチャンスがなく実感は無い。さすがにもう生き残った個体も見られなかった。

c0048196_21252694.jpg
この季節に似合わないブルーの何かが飛び立った。止まったところを見るとルリタテハだった。

擦れている個体の他、比較的綺麗なテングチョウもいた。
c0048196_21320271.jpg
アオバセセリの幼虫の幼虫を探していたら蛾を発見。
ノコメトガリキリガ
c0048196_21332206.jpg
アオバセセリもスミナガシも見つけられず。
THE END


# by ainomidori443zeph | 2016-11-04 21:47 | 狭山丘陵 | Trackback | Comments(2)
2016年 10月 07日
2016年10月07日 狭山丘陵だより 食欲の秋
その1
ツマグロヒョウモン
c0048196_20425239.jpg
その2
キタテハ
c0048196_20453444.jpg
その3
オオカマキリ
c0048196_20462124.jpg
THE END


# by ainomidori443zeph | 2016-10-07 20:46 | 狭山丘陵 | Trackback | Comments(0)
2016年 09月 26日
2016年9月26日 狭山丘陵だより クロコノマチョウ他
この頃休みはあるのだが、天気が思わしくなかった。今日も諦めていたのだが、昼頃には雲が切れてきた。蒸し暑くなってきたが、アゲハ類を狙って出かけてみた。

ヒガンバナには何も来てない。
アザミにも何も来てない・・。

が、メスグロヒョウモン♀が突然現れた。さすがに色褪せてはいるが。
c0048196_20270311.jpg
ジュズダマのある所で幼虫を探していると、
c0048196_20282288.jpg
お、蛹発見。
しゃがみ込んで
c0048196_20290455.jpg
眼から翅にかけて色が変わってきている。羽化の前兆だ。2日くらいで羽化するだろう。
すぐ近くにもう一つ。
c0048196_20310684.jpg
ヤブ蚊が多いので退散。

c0048196_20321917.jpg
変な飛び方のトンボがいたので止まったところを撮影。

ヒョウモンのポイントへ戻ると、オオウラギンスジヒョウモンが来ていた。
c0048196_20335037.jpg
夏のベニシジミは黒くて好きになれないが、今頃のベニシジミはフォトジェニックでレンズを向けてしまう。
c0048196_20340375.jpg
THE END


# by ainomidori443zeph | 2016-09-26 20:42 | 狭山丘陵 | Trackback | Comments(0)