2005年 05月 11日
2005年5月10日 赤城山のヒメギフチョウ
新潟のギフと群馬のヒメギフ(2005年5月5日)

「西久保田んぼへようこそ」のKさんが素晴らしい写真を撮られていたので、もう最盛期を過ぎた感があったが、いつもお世話になっている「蝶の写真館」のTさんにポイントを教わって出かけてみた。

朝から冷たい強風が吹き荒れ、ヒメギフの飛ぶ状況ではない。寒くてウスバサイシンの卵も探す気にならず。風の当たらない所を探し出るならここだろうと思う所で10時過ぎまで粘ったがミヤマセセリがいるだけ。
仕方ないので1時間ほど周辺を歩き回ったが全く見られず。やはり条件の良さそうな所はここだな、と戻ってくるとやっと1頭飛んできた。あまり綺麗な個体ではない。デジカメでは初撮影のヒメギフ
c0048196_13281574.jpg
EOS 20D タムロンAF28 - 300(A061) 焦点距離300.0 mm

数枚撮影するが、止まってもすぐに飛んでしまいピントが合ってるかどうか?飛ぶのも早い。追いかけるだけで息が切れる。こうなったら飛翔写真しかない!ピントが合っているもので一番良いものがこれ。クビチョンパの写真になってしまった。出会いの時間はわずか2分だった。
c0048196_13364766.jpg
EOS 20D Tv1/500 Av6.3 タムロン28 - 300(A061) 焦点距離 300.0 mm

その後はいくら待っても出ず。また1時間半ほど周辺を散策。相変わらず冷たい強風が林の木々をうならせている。昼を食べながら待ったがそれでも出ない。今日は残念ながらボロ個体1頭のみで終わりか。

13時頃になり、帰りモードになっていると1頭飛んできた。これも汚損個体。これも飛ぶのが早く息切れ状態。そのうちまた1頭、汚損。そしてまた1頭。今度は新鮮な♀。コイツは羽化したてでお腹が空いているのか、飛び立ってはすぐ止まり、わりと長く吸蜜してくれたのでなんとか撮影できた。
c0048196_1452414.jpg
EOS 20D Tv 1/200 Av 5.6 レンズEF100 mmマクロ 焦点距離 100.0 mm

途中でレンズ交換したり、コンデジで撮影する余裕もあった。
c0048196_14212228.jpg
EOS 20D Tv 1/100 Av10.0 タムロンAF28 - 300mm (A061) 焦点距離 28.0 mm

c0048196_149364.jpg
ニコンE3100 Tv 1/260 Av 2.8 交尾嚢が見える

この個体を追っているとなんと斜面に同時に3頭も飛んでいるではないか!あれだけ歩き回って出なかったのに、信じられない。
ちょっと目を離したら新鮮な♀を見失ってしまった・・・。
とりあえず、綺麗な個体も撮影できたので帰路についた。

by ainomidori443zeph | 2005-05-11 13:17 | | Trackback(1) | Comments(10)
トラックバックURL : http://ainomidori.exblog.jp/tb/1750816
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 日本の山々 at 2005-07-11 10:05
タイトル : 赤城山
赤城山赤城山 (あかぎやま) は、関東地方の北部、群馬県のほぼ中央に位置する活火山であり、榛名山、妙義山と並び、上毛三山の一つに数えられる。中央部にカルデラを持つ、関東地方有数の複式火山で、黒檜(くろび)山、地蔵岳、長七郎(ちょうしちろう)山、鍋割(なべわり)山などの山頂を持つ。最高峰は黒檜山で、そ...... more
Commented by ダンダラ at 2005-05-11 16:49 x
赤城姫、撮影おめでとうございます。
冷たい強風のが吹くという悪条件の中で撮影できたのは、日頃の善行のおかげでしょうか。
きれいなスミレで吸蜜中のポーズがいろいろなレンズやカメラで撮影されていて、その特徴が比較できて面白いですね。
スミレはニオイタチツボスミレでしょうか。
Commented by 愛野緑 at 2005-05-11 18:15 x
ありがとうございます。おかげさまで悪条件の中撮影出来ました。お昼過ぎから活動する個体が多のでしょうか?
また、以前に教えていただいていたので、色々なスミレが咲いていましたが、エイザンスミレだけは名前が判かりました。
Commented by ダンダラ at 2005-05-11 21:15 x
図鑑などには、無風晴天の日に9時過ぎから活動とか書いてありますが、私の経験では10時30分過ぎ、雌などは11時くらいからが活動期のような気がしてます。
Commented by 霧島緑 at 2005-05-11 21:35 x
赤城姫に出会えて良かったですね。
写真から受ける印象では暖かそうなヒメギフ日和に思えますが、悪条件にもかかわらず粘った末のシャッターチャンスを確実にものし、さらにカメラを変えたりしながらの撮影とは、冷静な判断です。
私など使い慣れたコンデジを持っていたのに、アセって慣れない1眼デジに固守しすぎたことを反省してしています。
Commented by 愛野緑 at 2005-05-12 09:34 x
傷んだ個体は飛ぶのも早く花に止まりそうで止まるわけではなく、止まったと思えばすぐに飛び立ち、追いかけるだけで一苦労でした。この時はさすがにレンズを変えようなどとは思えませんが、ダンラダさんがおっしゃるように「1頭のよい子が居れば」とういやつで、レンズを変えたり、カメラを変えたりと試すことが出来ました。

Commented by banyan10 at 2005-05-12 21:27
やはり簡単に撮影できるコンディションではなかったのですね。
粘ったおかげで良い写真が撮れたようですね。僕が行っていたら諦めて帰っていたかもしれません。(^^;
Commented by 愛野緑 at 2005-05-12 22:56 x
朝9時前から12時半頃まで歩き通しで、久しぶりに足の裏が痛くなりました。あの♀が出てこなかったらホント半泣きでした。
Commented by たにつち at 2005-05-13 20:25 x
赤城姫の美しい撮影成功、よかったですね。
逆光で光が翅をすかしている画像は、とくにみとれました。
28mmでの広角もすごく環境が入っていてよいですね。もしや数字以上に広角なのでしょうか?
Commented by 愛野緑 at 2005-05-13 23:07 x
たにつちさん、ありがとうございます。
ヒメギフの飛んでいた所が良い塩梅の斜面だったのと、その斜面に顔を付けるように撮りました。
やはりA061では最接近で上の写真ですので、もっと寄れる広角(A013)かEFS10-22)が欲しいです。
Commented by 愛野緑 at 2005-05-13 23:07 x
たにつちさん、ありがとうございます。
ヒメギフの飛んでいた所が良い塩梅の斜面だったのと、その斜面に顔を付けるように撮りました。
やはりA061では最接近で上の写真ですので、もっと寄れる広角(A013)かEFS10-22)が欲しいです。


<< 2005年5月15日 原村のヒ...      2005年5月6日 狭山丘陵だより >>