2016年 03月 05日
2016年3月5日 オオムラサキの発生木伐採さる
今日は啓蟄、だそうだ。
約1年で単身赴任が解除され、2月末から実家に戻った。静岡でまだまだやりたいこともあったのだが・・。家の事情もあることだし仕方ない。
晴れ間が出ないが何か見られるかも。里山を散策。

成虫の姿が見られないので、ミドリシジミの卵を探す。
c0048196_22222799.jpg

樹幹をしばらく探して1卵。その後ひこばえで2卵。撮影。
c0048196_2224173.jpg

さらに探していると、里山の管理者が来て、ここは一般の方は安全の為立ち入り禁止だという。自己責任でここにいるんだけど・・・。まぁ・・退場。

公園として管理されているので下草など良く刈り取られさっぱりしている。すると、あれ、エノキが無い?!
c0048196_2229433.jpg

さっぱり刈られた土手。
オオムラサキやテングチョウが発生していたエノキなのに・・・。残念だ。
先ほどの管理者が通りかかったので何故エノキを伐ったのか問うと、小川の脇だからみたいなことを言っていたようだ。要するに公共の福祉のためらしい。
このエノキにオオムラサキがいたことを告げると、オオムラサキは別に保護している場所があるから問題ない。というようなことを言って去って行った。
はぁ??

c0048196_22391247.jpg

なら、橋の脇のにあるこの樹は何故残してあるのか??

数年前にも、道沿いのエノキが伐られたことがあり、その時わざわざ公園管理事務所まで行ってそのことを告げると、エノキがあったことは知らなかったと。今後気をつけると言っていた気がするのだが。全く一般人の意見など聞いてないし、活かされてもいない!

都の公園管理はこんなものらしい。

もう帰ろう!今日は嫌な思いをした。




茶色のタテハが飛んでいるのを目撃したが、キタテハにしては大きく、アカタテハにしては明るい色で、ヒョウモン類か。

駐車場付近で白い蝶が飛んでいるのを見つけ、近寄るとモンシロチョウだった。
今年の都下初新チョウ撮影だ。
c0048196_22564723.jpg

薄日が差すと翅を少し開いてくれた。
黄色い蝶がみられるかと思っていたが、白い蝶だったのは想定外だった。
最後にテングチョウも飛んできた。

THE END

by ainomidori443zeph | 2016-03-05 23:01 | 狭山丘陵 | Trackback | Comments(9)
トラックバックURL : http://ainomidori.exblog.jp/tb/25375444
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by himeoo27 at 2016-03-06 16:25
オオムラサキは、産卵するエノキの好みがあるようなので
発生木は大事にして欲しいですね!
Commented by grassmonblue at 2016-03-07 17:32 x
ごぶさたしています。
初新チョウがモンシロチョウというのは、
実は意外感がありますね。
当方ブログにて、モンシロチョウ初見日集めております。
引用させていただきたいのですが、おさしつかえなければ初見場所の市町村名程度教えてください。
Commented by ainomidori443zeph at 2016-03-07 23:27
himeoo27 さん、コメントありがとうございます。
狭山丘陵も管理されるようになり、林床や林内も以前より大変明るくなりました。人間に気持ちいいように管理された丘陵の行く末はどうなることやら・・・。
Commented by ainomidori443zeph at 2016-03-07 23:30
grassmonblue さん、コメントありがとうございます。

私自身モンシロチョウが初蝶と記憶にあるのは40年近く前でした。
お問い合わせの件は、東京都武蔵村山市です。
Commented by clossiana at 2016-03-09 18:03
管理当局は無神経というよりは無知な感じがします。生物の多様性を保全することが、失われつつある自然を如何に保護するか等が如何に重要なことであるかについて全く勉強をしているとは思えないですね。木を切ることについても一貫性がなく背後には思いつきしかないような感じです。残念です。
Commented by ainomidori443zeph at 2016-03-09 22:43
clossiana さん、コメントありがとうございます。
おっしゃるとおりです。

「草木を大切に」とか「虫を採らないで」とか看板は沢山あり、そこは厳しく取り締まってますね!

草刈り後の草も綺麗に片付けてしまうし。
Commented by hirokou at 2016-03-11 00:34 x
愛野緑さん 単身赴任がとかれて良かったですね!これでfieldを堪能できますね!
ところで園内で不快な思いをさせてしまって大変申し訳ありませんでした。
この小川沿いのエノキを切った意味が私にも分かりません。おっしゃる通り、近くの木は残っているのですから。
調べてみたいと思いますので、これは何日の話でしょうか?
公園管理にもさまざまな視点があり、なかなかすべての方の要望に目が行き届かないのが実情だと思います。
何かありましたらお手数ですが、管理所に私宛に連絡いただければ力になれることもあるかと思います。
hirokouで通じます(^^)
Commented by ainomidori443zeph at 2016-03-13 14:54
hirokouさん、コメントありがとうございます。
静岡は広すぎてやり残したことが沢山ありますが、早く戻れて良かったです。

虫屋、鳥屋、魚屋、ハイカー、マウンテンバイカーそして管理者それぞれの立場での想いがあるのは当然でわかります。蝶屋の狭い意見を書かせていただきました。

一昨年、清瀬市から、オオムラサキを復活させるため5年かけて100幼を六道山から移植しようと言う話があったのですが、管理事務所?が許可せず白紙になりました。詳しい理由は聞いていませんが、保護している場所が他にあるなら、保護していないエノキから1年に20幼くらい清瀬に渡しても全く問題ないのではないでしょうか。

それと、樹液にスズメバチ除けのネットを貼ると他の昆虫達の餌場が無くなります。他の方法を考えてください!

Commented by ainomidori443zeph at 2016-03-14 11:51
hirokouさん、つづきです。
3/5の話です。

ついでに書かせていただきますが、hirokouさんにお伝えしても仕方ないことかもしれませんが、草刈りについてです。

狭山丘陵西側の草刈りをみていると、根元まで刈り取られ刈り取った草は綺麗に片付けられます。
多摩市での多摩川堤防の草刈りは、地面から5センチくらい上で刈っています。それも全面を刈らず刈らない場所も少し残してあります。

このような方法をとれば多少は生きもののためになると思いますので、もし機会がありましたら導入をご検討下さい。


<< 2016年3月17日 スジグ...      2016年2月13日 遅咲き >>