2017年 05月 18日
2017年05月18日 狭山丘陵便り ヒオドシチョウとダイミョウセセリ
午後から雷雨予報。雲が多いが時々晴れるので前回のヒオドシチョウ幼虫を確認に行く。

あの時の群集はすでにいなく、ここも鳥の餌になってしまったか・・・。と思ったら幹を這い上がる個体と、地面付近の葉を食べる終令幼虫が見られた。
c0048196_21225026.jpg
かなり成長が早いようだ。
そうなるとこの前のエノキに居なかったのは蛹化したからかな??
と見に行ってみた。すると
c0048196_21232169.jpg
蛹化直前の個体が。
さらに探すと蛹もいくつか見つかった。
c0048196_21234375.jpg
すぐ近くでTさんがダイミョウセセリの交尾を撮影されていた。
c0048196_21235889.jpg
ルリタテハの幼虫がいると教えていただき撮影。
c0048196_21241031.jpg
50cm位の食草に6幼も付いていた。ルリタテハの幼虫は寄生されていることが多いので、どれだけ成虫になれるのか?

おまけ
マドガ
c0048196_21230443.jpg
THE END


by ainomidori443zeph | 2017-05-18 21:55 | 狭山丘陵 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://ainomidori.exblog.jp/tb/26670927
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by himeoo27 at 2017-05-21 11:41
ヒオドシチョウの幼虫は、その親の豪華で美しい翅と
異なりかなりゲテな意匠なのには吃驚です。
対して一般的にはゲテと思われて蛾の仲間ですが、
マドガの模様は繊細で美しいですね!
Commented by ainomidori443zeph at 2017-05-22 22:12
ヒメオオさん、コメントありがとうございます。
トゲトゲで刺されそうな雰囲気と色合いで100%毒蛾の幼虫と思われてしまいますね。
おっしゃるとおりマドガは蝶といっても納得ですね。



<< 2017年06月03日 ホシ...      2017年05月12日 狭山丘... >>