2017年 07月 11日
2017年07月07日 狭山丘陵便り チョウよりも甲虫
前回福生市のクロジャコウカミキリ(クビアカツヤカミキリ)を調査したが、我が瑞穂町はどうだろう?
狭山丘陵(六道山)には昔からサクラがあり名所となっている。今はだいぶ老木化しているが。

クロジャコウカミキリはもともとベトナムなどに生息し、輸入木材などに付いて侵入してきたと考えられている。家が建てられたりする住宅街やヒトの活動がある場所で発生しているようだ。その点は六道山は安心だが。

かなり時間を掛けて六道山周辺を見回ったがクロジャコウカミキリは見つからなかった。まぁ一安心。
代わりに、サクラの幹には在来種の
c0048196_22422114.jpg
ノコギリカミキリ♀

エノキの枝の皮を食べる
c0048196_22431279.jpg
クワカミキリ

ヤナギの樹液にいた
c0048196_22432770.jpg
スジクワガタ

またクヌギにいた
c0048196_22423426.jpg
スジクワガタ

7月になってもまだ見られた
c0048196_22420933.jpg
擦れたウラナミアカシジミ

c0048196_22425521.jpg
新鮮なキアゲハ
ということで、蝶影は少なく甲虫が多く見られた日だった。

THE END


by ainomidori443zeph | 2017-07-11 23:03 | 狭山丘陵 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://ainomidori.exblog.jp/tb/26807099
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 2017年07月19日 狭山丘...      2017年06年29日 特定外... >>