2007年 06月 21日
2007年6月20日 狭山丘陵便り トラフシジミ
昨日に続き狭山丘陵へ。
本当は曇りで雨が降るような予報だったが、日が当たってきた。

一昨年ミドリシジミがテリ貼りをしていた場所へ、再確認の為行ってみる。
昨年春には藪が刈られて道があり歩けたのだが、もう藪になっていて入れない・・・。
諦めよう!
ウラギンシジミ♂が足下に
c0048196_23312353.jpg

Canon EOS 20D 1/250  F5.0 ISO200 EF300mmF4LIS USM+EF25Ⅱ

去年、ヒョウモンチョウ類が多く集まっていたサンゴジュの花が漸く咲き始めた。
ミドリヒョウモン♂がいくつか周りを飛び回っている。花に止まってもすぐに飛び立ってしまう。

しばらく観察しているとトラフシジミが吸蜜している!しかも夏型だ。
私の瑞穂町での記録は31年前の春に中学校で目撃し、一昨年も一度目撃している。
珍しいとは思えないが、あまり見かけないので嬉しい。
c0048196_23424673.jpg

Canon EOS 20D 1/60  F5.6 ISO200 EF300mmF4LIS USM+EF25Ⅱ
夏型にしては地色が薄く、縞模様がわりと目立つようだ。

他には昨日と同じようなものを目撃した。
今回もトンボで締めくくり・・・。
c0048196_23502025.jpg

Canon EOS 20D 1/400  F5.0 ISO200 EF300mmF4LIS USM+EF25Ⅱ(トリミング)

THE END

by ainomidori443zeph | 2007-06-21 23:51 | 狭山丘陵 | Trackback | Comments(16)
トラックバックURL : http://ainomidori.exblog.jp/tb/6359510
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ヘムレン at 2007-06-22 19:27 x
トラフの夏型。。いいですよね。。小生も大好きです。
春型はけっこう見るのに比べて、夏型は山岳性が強いのか、けっこう奥でみかけることが多いような。。
ウラギンの夏型も綺麗ですね(^^)
Commented by chochoensis at 2007-06-22 20:47
愛野緑さん、「トラフシジミ」夏型、綺麗に撮影されていますね・・・素晴らしいです。ところで、イトトンボ、特徴がおくわからないのですが、場所は、カワセミ池でしょうか?行って観察してみたいです・・・。もし良かったら教えてください・・・。*胸の模様と、尾端を良く見てみたいです。
Commented by 愛野緑 at 2007-06-22 20:52 x
ヘムレン さん、
そうですね、決して少ない種ではないと思うのですが、マイフィールドではあまり見られませんね・・・。
小さくて早く飛ぶので見えないだけかもしれませんが(^^;
Commented by 愛野緑 at 2007-06-22 20:57 x
chochoensisさん、ありがとうございます。
場所はお察しの通りカワセミ池です。
サイズは3~4cmくらいで、2頭いました。
黒くて背中に白い紋有る奴と一緒に飛んでいました。
Commented by maeda at 2007-06-22 21:45 x
トラフは夏型ですね。
こちらではまだ(春型しかない)春型を見ることが出来ます。
日本は広いですね。
Commented by kmkurobe at 2007-06-23 18:33 x
トラフ夏型やはりいいですね。ウラギンの紅色白馬では殆ど見ることができないので新鮮ですね。やはり南の色ですね。
Commented by murakumolabo at 2007-06-23 21:03
今日は高尾山に行ってきました。
オオムラサキはまだ発生していませんでしたが、
スミナガシには会えました。
アサギマダラにも数回遭遇しましたが、
まともな写真にはなりませんでした。
…この時期何で吸蜜しているのでしょう…

観察には良かったですが、撮影にはちょっと…
そんな中でカワトンボは良い被写体になってくれました。
カワトンボは綺麗な環境にしか住めないトンボなので、
このトンボが生息していると言うことは環境が良いことの証明なのです。
Commented by 愛野緑 at 2007-06-23 21:57 x
maedaさん、
こちらでははやくも夏型です。だらだらと長くみられるようですけど。
梅雨入り後、1日しか雨の日が有りません・・・。水不足が心配です。
Commented by 愛野緑 at 2007-06-23 22:06 x
kmkurobe さん、
そちらではウラギン、少ないのですか。表と裏の色彩の違いは特異ですね。♀の翅表のシルバーもカッコイイです。とくに秋型は尚更ですね。
Commented by 霧島緑 at 2007-06-23 22:08 x
狭山丘陵では、トラフシジミを探そうと思っても中々見つけにくい種ですよね。こちらでも何故かミドリシジミを探している時など偶然見かけることがあり、ハンノキの樹上などを翔ぶ個体などは、ミドリシジミと勘違いするような時があります。
この個体は夏型にも拘わらず、トラ模様がハッキリ出ていますね。
Commented by 愛野緑 at 2007-06-23 22:12 x
murakumolaboさん、
高尾山ですか。とうとう開通してしまいましたね、圏央道。開通したらやっぱり使ってしまうでしょう・・・。

オオムラサキも、最近の暑さでそろそろでしょうか?
フジミドリは見られませんでしたか?
Commented by 愛野緑 at 2007-06-23 22:21 x
霧島緑さん、
去年アオバセセリが居たところを見ていて、偶然見つけました。吸蜜していると飛ばずに花を渡り歩くので判らないですね。

奥多摩でキマルリがテリ張りをしているのを採ったところ、トラフでガッカリしたこともありました(^^;
Commented by ダンダラ at 2007-06-25 18:28 x
トラフシジミは夏型になりましたか。と言うことは春型は取り損なってしまったということかな。
春型に比べて夏型はあまり良い印象は持っていなかったのですが、この写真はきれいに撮れていますね。
ウラギンもきれいです。
Commented by fanseab at 2007-06-25 22:17
トラフは綺麗なシーンですね。斑紋から推察するに、春型と夏型の中間型?のような気がします。小生も6月にこのような個体を撮影したことがあります。真正夏型はもっとトラフ模様が曖昧になるのではないでしょうか?
Commented by 愛野緑 at 2007-06-25 22:24 x
ダンダラ さん、
春型の方が輝いて見えるので、トラフらしいと思います。夏型は地味ですね。
夏型はもう出ていましたが、長い期間見られるようですね。
Commented by 愛野緑 at 2007-06-25 22:30 x
fanseabさんもそう思われますか!
夏型にしては濃い筋の脇の色が薄く、春型に近いかな?と撮影しているうちに見えてきました。
本当の?夏型は全体に茶色っぽいですよね。


<< 2007年6月27日 奥多摩 ...      2007年6月19日 狭山丘陵... >>