2008年 07月 27日
やっと会えたミヤマシロチョウ 2008年07月23日
ミヤマシロチョウ、二昔も前、この蝶を見るためにポイントもわからぬまま櫛形山へ行ったこともあった。結局その姿を見ることもなく時は過ぎ去っていった。

最近、長野県東御市の山で見られることを知り、夏場や秋口に成虫や幼虫を探しにでかけた。しかし天気が悪かったり、ポイントがつかめなかったりで、幻の蝶になっていた。

そして今回、5回目の挑戦。
学校も夏休みになっているので家族連れで行った。
山に登るのは、長男と私。午後から雷雨の予報なので、勝負は午前中と思われた。
巻き道をひたすらポイントを目指す。歩き始めは快晴だったがすぐに雲が多くなり、日が陰ったりする。なんとか持ってくれ~!

2kmを過ぎた頃、スジグロシロチョウか?と思われる蝶がヒラヒラ飛んできた。
よくみると((よく見なくても))ミヤマシロチョウだとわかった。

カメラを構えたがピントを合わせるまもなくゆったりと飛び去って行った・・・。

と初対面は感動も無くあっけなく終わってしまった。

とりあえず第一目標は突破した。

少し進むと2頭目が現れた。これも止まることなく飛び去ったが、なんとか証拠写真は押さえられた。
c0048196_0344525.jpg

Canon EOS 40D 1/8000 F3.5 ISO200 EF100mm f/2.8 Macro USM

つづく。

by ainomidori443zeph | 2008-07-27 00:37 | | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://ainomidori.exblog.jp/tb/9304782
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by maeda at 2008-07-27 16:35 x
出会いが困難だと、会えた時の喜びはいっそう強烈です。
Commented by chochoensis at 2008-07-28 15:39
ご家族サービスしながら高山蝶探しとは、すばらしいです。第二段があるようで、期待したいです・・・。
Commented by ainomidori443zeph at 2008-07-28 22:41
maedaさん、
今回は、最後にゆっくりと撮影できた時にうれしさが込み上げてきた感じです。
Commented by ainomidori443zeph at 2008-07-28 22:45
chochoensisさん、
一度で投稿する時間が取れずに分けての掲載になってしまいました。
もったいぶっていたわけではないのですが・・・、申し訳ありません。

天候が悪くなる予報でなければ、稜線まで家族みんなで行ってみようと思っていたのですが、まぁ、仕方ないですね。


<< やっと会えたミヤマシロチョウ ...      クワガタ特集? 2008年7月... >>