カテゴリ:狭山丘陵( 264 )

2017年 04月 17日
2017年04月17日 狭山丘陵だより  ミヤマセセリ
狭山丘陵も色々な蝶が出ているだろう。
今年は桜の開花後気温の低い日が続いたためかまだ花が見られる。

風に花びらが
c0048196_14561302.jpg
雪のよう

スジグロシロチョウは沢山飛んでいた。ひとつだけ確認出来たツマキチョウ♂。
c0048196_14562149.jpg
止まらないので飛翔中。

少し移動。
ツバメシジミ♀
c0048196_14563766.jpg
ミヤマセセリも少しだけ。
c0048196_14573002.jpg
低い位置を飛んで道脇に止まった。
c0048196_14565599.jpg
コナラのカットされた幼木から出た小枝に止まっている。
産卵しているようだ。
c0048196_14570721.jpg
笹の葉が邪魔しているが・・・。
1卵産んで飛び去った。
c0048196_14571852.jpg
以前、梢で産卵するミヤマセセリを観察したことがあったのだが、こんなところにも産卵するのだと知った。

他には、キタテハ、ルリタテハ、モンキチョウ、キチョウ、ベニシジミを目撃。
THE END


by ainomidori443zeph | 2017-04-17 15:26 | 狭山丘陵 | Trackback | Comments(0)
2017年 04月 10日
2017年04月10日 狭山丘陵だより ホソオチョウ 所沢市
朝のうちは薄曇りだったので、ギフチョウはあきらめ。

ホソオチョウが発生している頃なのでそちらへ行ってみる。
道路脇を2♂が飛んでいた。やはり出ている。

発生地の斜面に入るといくつかの♂が飛び出した。
c0048196_22305725.jpg
擦れたのもいるが綺麗な個体も。
♀がいないなと思っていると、妻がそこに止まっているよと。どこ??そこ! どこ??そこ!というやりとりを何回かした後見つけられた。
c0048196_22312017.jpg
まだ出たてと思われる♀だ。
♀はじっと動かなかった。

雲が多くなり飛んでいる個体も減る。しかし陽が差すと下草に止まっていた個体が飛び始める。
そんな時、カントウタンポポに♀が飛んできた。少しだけ擦れ気味だがまぁしょうがない。
c0048196_22320091.jpg
今日観察して花に来たのはこの♀だけ。♂は飛んでいるが花には止まらず草の上ばかり。

陽が差したときにもう一つ♀が飛び出した。全く気がつかなかったが、割と♀もいるなぁ。
するとその♀は、15cm位にのびたウマノスズクサの茎に止まって産卵を始めた。
c0048196_22321810.jpg
見てるうちに3卵産卵した(^^);

他にはヤマトシジミ、モンキチョウが飛んでいた。
THE END


by ainomidori443zeph | 2017-04-10 22:54 | 狭山丘陵 | Trackback | Comments(0)
2017年 04月 04日
2017年04月04日 狭山丘陵だより さくら
今日はギフチョウ日和だったのだが所用があり行けず。近場で。

都心では桜が満開になったというが、我が地元の狭山丘陵では1~3分咲きというところ。
c0048196_17292720.jpg
c0048196_17294758.jpg
ヒオドシチョウの産卵を期待したがエノキの周りには見られず。ヒオドシどころか先週沢山飛んでいたテングチョウも今日はほとんど見られなかった。
エノキの芽の状況は良い感じ。

c0048196_17344762.jpg
c0048196_17341657.jpg
スジグロシロチョウやベニシジミ、ミヤマセセリ、キタテハが少しと、モンキチョウは沢山飛んでいた。

THE END



by ainomidori443zeph | 2017-04-04 17:38 | 狭山丘陵 | Trackback | Comments(0)
2017年 03月 17日
2017年03月17日 狭山丘陵だより 彼岸の入り
前回の更新から丸1ヶ月経ってしまった。寒い日が多かったからね。

日差しはあるが北風もあり、気温は10~13度というところ。
私の地元、瑞穂町内を散策。

さすがにこの時期になるとモンキチョウも元気に飛んでいた。

モンキチョウ♀
c0048196_20110251.jpg
私と同じフィールドで活躍されている方が、3月初めにミヤマセセリを撮影されているけど今日は見られるかな??

モンシロチョウを見つけたが、これ以上近づけずに逃げられた・・・。
c0048196_20172079.jpg
テングチョウが足元からチラチラ飛びだし、ミヤマセセリかとドキッとする。テングチョウは薄い茶色で飛び方も比較的緩やかなことが分かってきた。
何回かだまされたあと、焦げ茶色の蝶が飛び出した!
出た!ミヤマセセリ!
斜面上部に止まった。綺麗な♂だ。とりあえず証拠写真を撮ったが近づけずにげられた ・・・。
しばらく待つと再び姿を現した。今度こそと思ったが、今度は止まった場所が分からない・・・。
慎重に近づき、見つけた!と思った途端飛んでしまった・・・。

ミヤマセセリはあきらめ移動。
そこではベニシジミが飛び回っていた。
c0048196_20173715.jpg
これで今年の瑞穂町での新成虫=モンキチョウ、モンシロチョウ、ミヤマセセリ、ベニシジミを撮影したことになる。

お昼近くになり、もしかするとと思い、樹林の中の道を行くと。

ミヤマセセリ♂
c0048196_20175184.jpg
なんとか綺麗に撮影出来た。

シャクガの仲間と思われる蛾
c0048196_20180790.jpg
THE END





by ainomidori443zeph | 2017-03-17 20:46 | 狭山丘陵 | Trackback | Comments(2)
2017年 02月 17日
2017年02月17日 狭山丘陵だより 今年初めての蝶(成虫)
春一番が強くなる前に蝶探し。
昨日の続きでモンキチョウ探し。気温11度。枯れ葉の上にいたのはムラサキシジミ。
c0048196_22041761.jpg
口吻を伸ばして歩き回っている。
次に飛び出したのはキタテハ。2頭がもつれて飛び去った。
やがて日なたぼっこ。
c0048196_22072936.jpg
昨日のベニシジミの幼虫の所へ行くと、食事中だ。
c0048196_22084066.jpg
c0048196_22085427.jpg
葉を裏返したりせずに見つけられた。

c0048196_22105946.jpg
そうこうしているうちにモンキチョウが飛んできた。2頭が追飛、そのうちひとつが止まった。
私は今まで狭山丘陵で2月にモンキチョウを観察したことが有っただろうか?
  ☆2017/2/22追記 2010年か2013年の2月下旬に一度撮影記録あり。

以上武蔵村山市なので、地元の瑞穂町へ。

こちらではテングチョウ、キタテハが見られ、キチョウも飛んできた。
キチョウはオオイヌノフグリで吸蜜した後、フラフラ飛んで行き地面に落ちているツバキの花で吸蜜。
c0048196_22132932.jpg
さらに追いかけると、タンポポで吸蜜。
c0048196_22215914.jpg
この後コムラサキの幼虫を探してみたが、南風がとても強くなってきたので帰宅することにした。

帰宅するとベランダに干しておいたハズの布団が吹っ飛んで落ちていた・・。

THE END



by ainomidori443zeph | 2017-02-17 22:26 | 狭山丘陵 | Trackback | Comments(2)
2017年 01月 30日
2017年01月30日 狭山丘陵だより 蝶が無くしょうがなく鳥が鳴く 梅が咲く
1月にしては21年ぶりの暖かさだったという。
蝶の姿を求めて里山へ出かけてみたが、やっと見つけたのは
プライヤハマキ
c0048196_16444464.jpg

ゼフ卵を探すも見つけたのは古そうな
ミズイロオナガシジミの1卵のみ
c0048196_16473949.jpg

野鳥は幾つか確認出来た。
ジョウビタキとツグミ
c0048196_16483585.jpg

シジュウカラが飛んだところ
c0048196_16484926.jpg
モズ
c0048196_16491030.jpg


最後ではないが、
シメ
c0048196_16522896.jpg


アオゲラ
c0048196_16492887.jpg


黒い雲が流されて雨もパラパラ降ってきたので帰宅することにした。

自宅に帰ると、朝には咲いていなかったウメの花がひとつだけ咲いていた。
c0048196_16482106.jpg

THE END


by ainomidori443zeph | 2017-01-30 17:11 | 狭山丘陵 | Trackback | Comments(0)
2016年 12月 05日
2016年12月02日 狭山丘陵だより フユシャク
しばらくぶりに天気の良い休み。
暖かさに惹かれ里山へ。

駐車場に着く前から小さめの蛾が飛んでいるのが見えた。あぁフユシャクの時期だなぁ。
雑木林の周りにはいくつものフユシャクが飛び回っている。今まで真剣にフユシャクの撮影はトライしていなかったが、今日は頑張ってみるか!

数は多いが、いざ撮影しようとするとなかなか止まらないし、止まっても近寄ると飛んでしまい近寄らせてくれない・・・。

その中に地面付近にこだわって、落ち葉に止まったり飛び上がったり、遠くにも飛んでいかない個体を発見。もしやと思い観察していると、落ち葉の裏側に回っておとなしくなった。
c0048196_14581717.jpg
手で葉をめくってみると
c0048196_14595432.jpg
交尾が成立していた。
スジグロフユエダシャク
この仲間は11月から2月ころ、普通のチョウは越冬してしまう頃に発生し雑木林を舞う。そして特徴的なのは♀の翅は退化し飛べない。なので♂は♀が出すフェロモンを頼りに雑木林を飛び回る。この触角で探すのかな?
c0048196_15114467.jpg
一時間ほど雑木林を散策して60頭くらい見たかな。もっといたかも。

チョウはというと、キチョウ1、テングチョウ1,ウラギンシジミ1♀、そしてこのヤマトシジミ1♂だけ見られた。
c0048196_15130467.jpg
THE END


by ainomidori443zeph | 2016-12-05 15:13 | 狭山丘陵 | Trackback | Comments(2)
2016年 11月 04日
2016年11月04日 狭山丘陵だより 小春日和
この秋はウラナミシジミが多かったそうだ。残念ながら私にはチャンスがなく実感は無い。さすがにもう生き残った個体も見られなかった。

c0048196_21252694.jpg
この季節に似合わないブルーの何かが飛び立った。止まったところを見るとルリタテハだった。

擦れている個体の他、比較的綺麗なテングチョウもいた。
c0048196_21320271.jpg
アオバセセリの幼虫の幼虫を探していたら蛾を発見。
ノコメトガリキリガ
c0048196_21332206.jpg
アオバセセリもスミナガシも見つけられず。
THE END


by ainomidori443zeph | 2016-11-04 21:47 | 狭山丘陵 | Trackback | Comments(4)
2016年 10月 07日
2016年10月07日 狭山丘陵だより 食欲の秋
その1
ツマグロヒョウモン
c0048196_20425239.jpg
その2
キタテハ
c0048196_20453444.jpg
その3
オオカマキリ
c0048196_20462124.jpg
THE END


by ainomidori443zeph | 2016-10-07 20:46 | 狭山丘陵 | Trackback | Comments(0)
2016年 09月 26日
2016年9月26日 狭山丘陵だより クロコノマチョウ他
この頃休みはあるのだが、天気が思わしくなかった。今日も諦めていたのだが、昼頃には雲が切れてきた。蒸し暑くなってきたが、アゲハ類を狙って出かけてみた。

ヒガンバナには何も来てない。
アザミにも何も来てない・・。

が、メスグロヒョウモン♀が突然現れた。さすがに色褪せてはいるが。
c0048196_20270311.jpg
ジュズダマのある所で幼虫を探していると、
c0048196_20282288.jpg
お、蛹発見。
しゃがみ込んで
c0048196_20290455.jpg
眼から翅にかけて色が変わってきている。羽化の前兆だ。2日くらいで羽化するだろう。
すぐ近くにもう一つ。
c0048196_20310684.jpg
ヤブ蚊が多いので退散。

c0048196_20321917.jpg
変な飛び方のトンボがいたので止まったところを撮影。

ヒョウモンのポイントへ戻ると、オオウラギンスジヒョウモンが来ていた。
c0048196_20335037.jpg
夏のベニシジミは黒くて好きになれないが、今頃のベニシジミはフォトジェニックでレンズを向けてしまう。
c0048196_20340375.jpg
THE END


by ainomidori443zeph | 2016-09-26 20:42 | 狭山丘陵 | Trackback | Comments(0)