<   2014年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

2014年 04月 28日
2014年04月28日 狭山丘陵便り タテハチョウ科幼虫
11時頃になったら青空が見えてきた。
里山へ出かけてみると、クロアゲハ、キアゲハ、ツマキチョウ、ミヤマセセリ、ヒメウラナミジャノメが見られた。
ウスバシロやギンイチモンジセセリは見られない。

あおくなっているコムラサキの幼虫は見られるか??
なかなか見つからなかったが、食痕と思われる葉を見つけ近くを探すと、いたいた。終齢になるための休眠中だ。
c0048196_1958168.jpg

Canon EOS 7D 絞り優先AE Tv1/125 Av9.0 露出補正-2/3 ISO200 EF100mm f/2.8L Macro IS USM ストロボ外部E-TTL II評価調光 先幕シンクロ

次にヒオドシチョウの幼虫は?
c0048196_2022930.jpg

Canon EOS 7D 絞り優先AE Tv1/250 Av9.0 露出補正-2/3 ISO200 EF300mm f/4L IS USM +1.4x(420mm) ストロボ外部E-TTL II評価調光 ハイスピードシンクロ
2齢になるところかな?

次にオオムラサキ。
もうあおくなっていると思い葉の上を探したが、いない。今年はこの木で発生していないのか?越冬幼虫も見つけられなかったから・・・。
すると、茶色い物体が枝を歩いている。
c0048196_20145100.jpg

Canon EOS 7D 絞り優先AE Tv1/400 Av3.2 露出補正-2/3 ISO200 EF100mm f/2.8L Macro IS USM ストロボ外部E-TTL II評価調光 ハイスピードシンクロ

おお、まだ脱皮してなかったんだ。葉を食べ終わるとねぐらに戻っていった。
c0048196_2024750.jpg

Canon EOS 7D 絞り優先AE Tv1/400 Av3.2 露出補正-2/3 ISO200 EF100mm f/2.8L Macro IS USM ストロボ外部E-TTL II評価調光 ハイスピードシンクロ
もう少しで脱皮するのだろう。

もう一つ別の枝には、脱皮直前の休眠に入っている個体もいた。

オオムラサキの幼虫を探していると、テングチョウの幼虫もいた。
c0048196_2034396.jpg

Canon EOS 7D 絞り優先AE Tv1/400 Av3.5 露出補正-2/3 ISO200 EF100mm f/2.8L Macro IS USM ストロボ外部E-TTL II評価調光 ハイスピードシンクロ
3頭写っているのがお判るりだろうか?

ツマキチョウの♀がムラサキハナナに産卵していた。

by ainomidori443zeph | 2014-04-28 20:43 | 狭山丘陵 | Trackback | Comments(2)
2014年 04月 24日
2014年04月24日 秩父市アゲハチョウ
都下では早くもウスバシロチョウも飛び出したようだ。
なので、蝶の産地に出かけようとしたが、芝桜を見に行きたいという強い要望があり、秩父の有名な公園へ出かけてきた。

昼頃に着いたのだが、GW前の平日というのに駐車場に入るまで渋滞・・・。
ただ、母が障害者手帳を持っていたので入り口すぐ近くの駐車場に案内された。ラッキー。

それにしてもすごい人だ。GWは大変なことになるのだろうなぁ・・・。

入場するとテレビでよく見る風景が。
c0048196_20593284.jpg

Canon EOS 7D シャッター速度優先AE Tv1/2500 Av8.0 露出補正-1 ISO250 EF-S10-22mm f/3.5-4.5 USM(18mm)

芝桜の独特の香りが風に乗ってくる。

カメラを構えている方もかなり見られたが、さすがにアゲハチョウを撮っているのは私だけだろう(笑。
c0048196_2135016.jpg

Canon EOS 7D シャッター速度優先AE Tv1/800 Av11.0 露出補正-1 ISO250 100mm f/2.8L Macro IS USM
後翅が大破していたし、蜜が少ないのかチョコチョコと落ち着かなくて良い絵にはならなかった。

THEEND

by ainomidori443zeph | 2014-04-24 20:59 | 蝶と花 | Trackback | Comments(2)
2014年 04月 17日
2014年04月17日 桜ヶ丘便り ギンイチ産卵
十日ほど前ギンイチを探したときには見られなかった。もう出ているかな?昼休み探しに行ってみた。あれ、いないなぁ・・・。
昨年ススキを刈られてしまったので激減したのかな?しばらく探すとようやくひとつ飛び出した。

今日は一眼が鞄に入らなかったのでコンデジを持って行った。マクロモードにしても後ろにピントが持って行かれてピンボケ量産。

どうにかピンのきたもの。
c0048196_2138549.jpg

Canon IXY 600F プログラムAE Tv1/250 Av9.0 ISO100 焦点距離5.0mm

もう一つ見つけ後を付ける。飛んだり止まったりしている。腹部が大きく♀のようだ。葉に止まり少しして飛び立つ。すると止まっていたところに卵のようなものが見えた。
卵を撮影しているとすぐ近くの枯れた茎に止まり産卵しているようだ。

とりあえず葉に産まれた方を撮影するも、後ろにピンを引かれてしまう。後ろ側に手を置いて撮影。
c0048196_21484631.jpg

Canon IXY 600F プログラムAE Tv1/200 Av9.0 露出補正-1/3 ISO100 焦点距離5.0mm

枯れた茎を引き寄せると折れてしまった・・・。
空をバックにしたらうまくピントがきた。
c0048196_21521855.jpg

Canon IXY 600F プログラムAE Tv1/320 Av9.0 露出補正-1/3 ISO100 焦点距離5.0mm

THEEND

by ainomidori443zeph | 2014-04-17 21:53 | | Trackback | Comments(0)
2014年 04月 16日
2014年04月16日 奥多摩町スギタニルリシジミ
さてこの触角の主は??

c0048196_1639717.jpg


昨年はポイントのわさび田にわさびが作付されておらず撮影出来なかった。今年はどんな感じになっているか?雪の影響もあるのか?

ポイントに着くとチラチラ飛んでいる。
c0048196_16472590.jpg

Canon EOS 7D シャッター速度優先AE Tv1/500 Av3.5 ISO250 EF-S10-22mm f/3.5-4.5 USM (10mm)
まだ雪が残っている。

わさび田は大雪で柵が押しつぶされ、一部わさびの花はシカに食べられていた。その脇でミヤマセセリが吸水していた。
c0048196_16513860.jpg

Canon EOS 7D 絞り優先AE Tv1/100 Av9.0 ISO250 EF100mm f/2.8L Macro IS USM

スギタニルリシジミも飛んでは来るがなかなかわさびで吸蜜してくれず、しばらく待たされた。

c0048196_165923.jpg

Canon EOS 7D シャッター優先AE Tv1/800 Av7.1 ISO250 EF100mm f/2.8L Macro IS USM
あまり新鮮な個体でないのが残念。
飛翔も挑戦するが、個体数も少なく全滅だった(汗。
THEEND

by ainomidori443zeph | 2014-04-16 17:02 | | Trackback | Comments(0)
2014年 04月 14日
2014年04月14日 狭山丘陵便り  ツマキチョウ飛翔
久しぶりに里山を散策。
ホソオチョウが発生していないか確認するも何もいない。ウマノスズクサの芽もスーッと伸びてきたところ。

時々ミヤマセセリが飛ぶくらいで蝶影は少ない。しばらくすると特徴のある飛び方の白い蝶が見られた。いくつか飛んでいるがぜんぜん止まってくれない。

こうなると歩止まりは悪いが飛翔撮影しかない。90ショットほど撮影してみたが、帰宅して見てみると、意外とよく写っていた。

c0048196_16231610.jpg

Canon EOS 7D シャッター速度優先AE Tv1/1600 Av6.3 ISO250 EF100mm f/2.8L Macro IS USM

c0048196_16271879.jpg

Canon EOS 7D シャッター速度優先AE Tv1/1600 Av5.6 ISO250 EF100mm f/2.8L Macro IS USM

c0048196_1628882.jpg

Canon EOS 7D シャッター速度優先AE Tv1/1600 Av5.6 ISO250 EF100mm f/2.8L Macro IS USM

昼近くになり吸蜜する個体も出始めた。狙っていると飛び立ったところが写っていた。
c0048196_16284410.jpg

Canon EOS 7D シャッター速度優先AE Tv1/1600 Av4.5 ISO250 EF100mm f/2.8L Macro IS USM

落ち着いて吸蜜する個体も載せておこう。
c0048196_1631579.jpg

Canon EOS 7D シャッター速度優先AE Tv1/1600 Av3.5 ISO250 EF100mm f/2.8L Macro IS USM

ヒオドシチョウが産卵したそうにエノキの枝先を飛んでいたが、結局止まらずに飛び去った。その時久しぶりにHIROKOUさんにお目にかかったが、全く気づかずに失礼しました(汗。
THEEND

by ainomidori443zeph | 2014-04-14 16:32 | 狭山丘陵 | Trackback | Comments(4)
2014年 04月 10日
2014年04月10日 神奈川県ギフチョウの里
今回も父と同行。
9時頃に現着。すでに10人弱のカメラマン。平日なのに皆さんよく集まるねぇぇ。自分もそうだけど(笑。

30分ほどしてやっとシャッターチャンス!
散りかけの梅で吸蜜
c0048196_1748596.jpg

Canon EOS 7D シャッター速度優先AE Tv1/125 Av5.6 ISO200 EF300mm f/4L IS USM +1.4x (420mm)
残念なことに擦れてる個体だった。
ストロボを使えば良かったと思ったが遅かった。

今年はギフの数が少ないようで、あまり飛び出さない。
それに比べカメラマンは増える増える!

ミヤマセセリでハイスピードシンクロの練習を。
c0048196_17555838.jpg

Canon EOS 7D シャッター速度優先AE Tv1/640 Av7.1 ISO250 EF100mm f/2.8L Macro IS USM E-TTL II調光方式評価調光 調光補正-1/3
オーバーになってないので大丈夫だ。

スミレに来た♂
c0048196_1801630.jpg

Canon EOS 7D シャッター速度優先AE Tv1/640 Av4.5 ISO250 EF100mm f/2.8L Macro IS USM E-TTL II調光方式評価調光 調光補正-1/3

昨年に比べあまりにも飛んでこないので少し移動。

ミツバツツジに来た♂
c0048196_1823329.jpg

Canon EOS 7D シャッター速度優先AE Tv1/640 Av5.6 ISO250 EF100mm f/2.8L Macro IS USM E-TTL II調光方式評価調光 調光補正-1/3

お昼を食べながら待っていると新鮮な♀が。
c0048196_1854574.jpg

Canon EOS 40D 絞り優先AE Tv1/640 Av5.0 ISO200 EF100mm f/2.8L Macro IS USM

時々姿が見えるくらいで撮影チャンスも少なそうなので、午後の吸蜜タイムまで待たずに帰宅することにした。
THEEND

by ainomidori443zeph | 2014-04-10 18:10 | | Trackback | Comments(4)
2014年 04月 07日
2014年04月07日 狭山丘陵便り ヒオドシチョウ産卵
神奈川のギフは今週半ばの休みでも大丈夫そうだ。今日は母のリハビリのための通院で、11時頃からの出動だ。

コムラサキの幼虫を見に行こうと思っていたのだが、ふとヒオドシチョウの産卵を観察してみたいと考えていたことを思い出した。今まではギフチョウの撮影に出かけた後に行ってみることが多く、既に産卵されていたり、孵化後だったりでヒオドシチョウの姿を見ることはなかった。

車を止めるとすぐにミヤマセセリが飛んでいた。今日は暑いくらいだ。

ポイントの樹はすでに花芽が大きくなり、テングチョウがいくつも産卵行動をとっていた。こんなに芽が伸びていると、今年もタイミングがおそかったかな?と思った。

ところが隣にあるエノキはまだ芽が出たばかり状態だった。するとヒオドシチョウがいくつかの枝先に絡むように飛んでいた。待ちに待った産卵か?

c0048196_21523621.jpg

Canon EOS 7D 絞り優先AE Tv1/400 Av8.0 ISO200 EF300mm f/4L IS USM +1.4x(420mm)<向こう側に見える枝先には既に産み付けられていた卵塊>
少しすると枝にぶら下がり産卵を始めた。

少し産んでは休みという感じで、かなり時間をかけて産むようだ。

ほとんどぶら下がって翅を開いている状態で、風が吹くと風に任せてヒラヒラして、枝に残った枯れ葉のようだ。時々↓のように閉じる時がある。
c0048196_2251497.jpg

Canon EOS 7D 絞り優先AE Tv1/250 Av8.0 露出補正+2/3 ISO200 EF300mm f/4L IS USM +1.4x (420mm)

産卵しているところへ邪魔?をしに来た
c0048196_21591757.jpg


周りにもう1頭ヒオドシチョウがいて、日光浴をしていた。そのうちにこの個体も枝先に止まり産卵を始めた。

よく数えてみると、かなり高いところにも産卵している個体がいて、合計5頭が産卵していた。昨年ヒオドシチョウは個体数が多かったようだがその影響か?こんなにまとまって見たことは無かったな。

c0048196_2221586.jpg


c0048196_22212995.jpg


c0048196_22215125.jpg


c0048196_22225516.jpg


約1時間ほど経過した13時前、母蝶は卵塊を残して飛び立っていった。

THEEND

by ainomidori443zeph | 2014-04-07 22:25 | 狭山丘陵 | Trackback | Comments(6)