2017年 08月 04日
2017年 08月 04日 狭山丘陵便り  オオムラサキ最盛期
梅雨が明けてから雨が降るようになり、クヌギやコナラからも樹液が多く出てきたようだ。

7月中はオオムラサキに一度しかお目にかかれなかったが、今年は発生数が多いという話も聞く。
今日行ってみると既に擦れてはいるが、いくつかその姿を見ることが出来た。

カブトムシやカナブンも沢山いた。
c0048196_21335568.jpg
撮影していると後ろでブォーンと低い羽音がした。スズメバチかと振り返るとカブトムシが飛び立ったところだ。

この樹の根元を覗くと、ここにもカブトムシがいた。
c0048196_21340840.jpg
♀の背中を♂が舐めて交尾を迫っているようだ。しばらく観察していると、体をゆっくり左右に振り始めた。交尾の成立かと思っていると、♀は♂を振り払っているようで最終的に♂は離れてしまった。
この樹には10頭カブトムシがいた。

移動。

この樹も少し樹液が増えてきたようだ。行ったときはカナブンしか居なかったが、やがてオオムラサキが飛んできた。
c0048196_21342099.jpg
やがてココを離れると葉上で静止。
c0048196_21344703.jpg
おおぉ、♂の表を撮影するチャンス!♂は樹液に居るときはほとんど翅を閉じているのでチャンスがすくない。
かなりシャッターを切ったがなかなかキッチリピントがきているのが少ない・・。

ココを飛び立つと周辺を滑空し、低い木柵に止まった。これも大チャンス!なかなかこんな機会は無い。
c0048196_21351078.jpg
綺麗にムラサキ色が出る位置を探したり。
c0048196_21352841.jpg
正面から撮影すると、翅の擦れが目立たないようだ。

曇っていた為かゆっくりと撮影させてくれた。
今日は5頭のオオムラサキを見ることが出来た。

THE END


# by ainomidori443zeph | 2017-08-04 21:58 | 狭山丘陵 | Trackback | Comments(2)
2017年 07月 29日
2017年07月26日  富士山麓にて
草原のチョウを探しに富士山麓へ行ってみた。
戻り梅雨で曇っているがなんとかなるか。

道中は明るい曇りだったが現地に着く直前に大粒の雨が・・・。雨雲予報を見ても止みそうもないのであきらめ帰る途中、ちょっと良さそうな所があったので寄ってみた。
車から降りてすぐホシミスジが!油断してカメラを持ってない・・。携帯で。
c0048196_16401461.jpg
急いでカメラをとってきて狙うとヒラヒラと飛んで葉の裏に止まった。
c0048196_16421551.jpg
草むらへ入った途端ズボンはビショビショ・・。まぁ予想はしていたので替えズボンを持ってきているもんね~!
こんな天気でもいるもんだなぁと少し真面目に付近を散策。

c0048196_16423766.jpg
c0048196_16425424.jpg
かなり大きくて、はじめ同定できなかった・・。

ジャノメチョウもいくつかいたり
c0048196_16430580.jpg
ヘリグロチャバネセセリもいた。
c0048196_16431918.jpg
30分もしないうちに遠くて雷鳴が聞こえてきたので、ズボンを履き替えて帰ってきた。
THE END


# by ainomidori443zeph | 2017-07-29 16:50 | | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 19日
2017年07月19日 狭山丘陵便り ようやく確認出来た! オオムラサキ
7月に入ってからオオムラサキを探して歩いているのだが姿が見られない。オオムラサキどころか、ゴマダラチョウや一時相当増えたアカボシゴマダラさえも。
今日もニイニイゼミの合唱の中狭山丘陵を歩いてきた。

駐車場脇の低いところにセミが止まっている。
ニイニイゼミだ。
c0048196_19120339.jpg
すぐ近くの樹にも
c0048196_19121199.jpg
コナラの樹液を見に行くとカナブンとスズメバチ、ヒカゲチョウくらいしかいない。
幾つかのポイントをみると
c0048196_19141211.jpg
カナブンが18、カブトムシ1♀が集まっているコナラがあった。

ポイントを移動。
ヤナギの樹液にはノコギリクワガタ♂が♀を抱えて止まっていた。誰も採るヒトはいないだろうから先にクヌギのポイントを見てこよう!
ってもどると、♂は♀を置いて上の方に行ってしまっていた。しまった・・・。
c0048196_19124152.jpg
c0048196_19125127.jpg
その後も樹液を探していると、道標のまわりにクロヒカゲが飛び回っている。何かあるのか?
c0048196_19130492.jpg
昨日の雷雨で、木の中から美味しいものが染みだしていたのか?

昼になるのでオオムラサキはあきらめようとしたところ、ついにオオムラサキの姿が!
高い位置でなかなか翅を開かない・・。
あぁ首が痛い・・・。

c0048196_19131924.jpg
c0048196_19133270.jpg
移動しながら翅を開くのでピントがイマイチ
撮影しているときは翅の青が見えなくて♀だと思っていたが立派な♂だった。

その後、アカボシゴマダラ
c0048196_19135054.jpg

偶然にゴマダラチョウも撮れ
c0048196_19140450.jpg

今日一日でエノキ兄弟+乱入ガイを撮影出来た。
THE END



# by ainomidori443zeph | 2017-07-19 19:36 | 狭山丘陵 | Trackback | Comments(2)
2017年 07月 11日
2017年07月07日 狭山丘陵便り チョウよりも甲虫
前回福生市のクロジャコウカミキリ(クビアカツヤカミキリ)を調査したが、我が瑞穂町はどうだろう?
狭山丘陵(六道山)には昔からサクラがあり名所となっている。今はだいぶ老木化しているが。

クロジャコウカミキリはもともとベトナムなどに生息し、輸入木材などに付いて侵入してきたと考えられている。家が建てられたりする住宅街やヒトの活動がある場所で発生しているようだ。その点は六道山は安心だが。

かなり時間を掛けて六道山周辺を見回ったがクロジャコウカミキリは見つからなかった。まぁ一安心。
代わりに、サクラの幹には在来種の
c0048196_22422114.jpg
ノコギリカミキリ♀

エノキの枝の皮を食べる
c0048196_22431279.jpg
クワカミキリ

ヤナギの樹液にいた
c0048196_22432770.jpg
スジクワガタ

またクヌギにいた
c0048196_22423426.jpg
スジクワガタ

7月になってもまだ見られた
c0048196_22420933.jpg
擦れたウラナミアカシジミ

c0048196_22425521.jpg
新鮮なキアゲハ
ということで、蝶影は少なく甲虫が多く見られた日だった。

THE END


# by ainomidori443zeph | 2017-07-11 23:03 | 狭山丘陵 | Trackback | Comments(0)