タグ:シジミチョウ科 ( 46 ) タグの人気記事

2014年 01月 24日
2014年01月24日 狭山丘陵だより オオミドリ
今日は気温が上がるということだったので、越冬蝶でも見られるかとカメラを持って出かけた。ただ午前中カミサンの買い物に付き合っていたら、出かけるときには曇ってしまった・・・。

仕方なくゼフの越冬卵探し。日差しはなかったが、思ったほど寒くなく上着無しで過ごせた。

すぐに見つかったのはオオミドリシジミ。2卵塊。
c0048196_17453325.jpg

Canon EOS 7D プログラムAE Tv1/250 Av4.0 ISO800 EF100mm f/2.8L Macro IS USM

これはアカシジミかな?
c0048196_17481011.jpg

Canon EOS 7D プログラムAE Tv1/250 Av4.0 ISO800 EF100mm f/2.8L Macro IS USM

まあ、今年初めての蝶探しは成虫は見られなかったが、ボーズではなかったので良かった。
THEEND

by ainomidori443zeph | 2014-01-24 17:55 | 狭山丘陵 | Trackback | Comments(2)
2013年 11月 19日
2013年11月18日 狭山丘陵だより ウラナミシジミ 
少し時間を作ってチョウの観察。日だまりの花にはウラナミシジミが健在だ。

ウラナミシジミ   瑞穂町石畑
c0048196_22405476.jpg

Canon EOS 7D 絞り優先AE Tv1/2000 Av2.8 ISO200 EF100mm f/2.8L Macro IS USM

反対側の翅は何かの原因で?鱗粉が剥がれ落ちている感じ・・・。
c0048196_22465046.jpg

Canon EOS 7D 絞り優先AE Tv1/640 Av6.3 ISO200 EF100mm f/2.8L Macro IS USM

ヤマトシジミ、キタキチョウ、ベニシジミ、モンキチョウも見られたが、毎年ウラナミシジミはこんな遅い時期まで見られただろうか?

PS,母は歩行器につかまりながら歩けるようになり、来週にはリハビリテーション病院へ転院する予定。
THEEND


 

by ainomidori443zeph | 2013-11-19 22:54 | 狭山丘陵 | Trackback | Comments(0)
2013年 11月 08日
2013年10月28日 狭山丘陵だより ウラギンシジミ
暖かくよく晴れた日だった。ムラサキツバメを探しに行ったが見つからず。ウラギンシジミが1つマテバシイの周りを飛んでいた。

ウラギンシジミ   瑞穂町石畑 20131028
c0048196_20592698.jpg

Canon EOS 7D 絞り優先AE Tv1/1250 Av2.8 ISO200 EF100mm f/2.8L Macro IS USM
もう少し擦れている。

そして次の日。
20回目の結婚記念日でした!
はやいものです・・・。

そしてこの日、母が転んで大腿骨骨折し入院となった。
11月5日無事に手術も終わり、来週から歩行リハビリになるようだ。

THEEND

by ainomidori443zeph | 2013-11-08 21:10 | 狭山丘陵 | Trackback | Comments(0)
2013年 10月 17日
2013年10月17日 狭山丘陵だより 
台風一過の青空を期待したのだが、雲が多く風もやや冷たく感じる。

1週間前にはほとんど♂だったウラナミシジミはほぼ♀に変わっていた。
c0048196_201476.jpg


山からは多くの水が流れていた。

THEEND

by ainomidori443zeph | 2013-10-17 20:22 | 狭山丘陵 | Trackback | Comments(4)
2013年 10月 11日
2013年10月11日 狭山丘陵だより 
朝のうちは霧雨が降っていたが青空が見えてきた。予想最高気温は28度。秋とは思えないが・・・。

青空とススキとヒメアカタテハと
c0048196_1543047.jpg


あまりに日差しが強いので、建物の蔭で休んでいると、ウラギンシジミが手の甲に止まった。
c0048196_15463823.jpg

汗をなめに来たようだ。
左手しか使えないので、ウエストポーチからスマホを出して撮影。

夏にはオオムラサキなどが集まるクヌギに行ってみると、ヨツボシケシキスイがヨコヅナサシガメに体液を吸われている最中。
c0048196_15504415.jpg

甲虫も意外なところに弱点があったようだ。

THEEND

by ainomidori443zeph | 2013-10-11 15:51 | 狭山丘陵 | Trackback | Comments(2)
2013年 09月 19日
2013年09月19日 狭山丘陵だより キタテハ
ヒガンバナに来るアゲハを撮ろうと久しぶりに里山へ。

ウラナミシジミの吸水
c0048196_1716287.jpg

Canon EOS 7D 絞り優先AE 1/1250 4.5 ISO200 EF100mm f/2.8L Macro IS USM

ヒガンバナに蝶は来ず、アゲハ類も飛んでいない。目立つのはトンボばかり。
オオムラサキの蛹を撮影したエノキを見ると、2令幼虫が10頭ばかり見つかった。

キタテハ秋型
c0048196_17183013.jpg

Canon EOS 7D プログラムAE 1/250 4.0 ISO200 EF100mm f/2.8L Macro IS USM

樹林の中には、最近あまり見かけなくなったヒメジャノメがいた。
c0048196_17242892.jpg

Canon EOS 7D プログラムAE 1/400 5.0 ISO200 EF100mm f/2.8L Macro IS USM

クロヒカゲやサトキマダラヒカゲ、ヒカゲチョウなど少し見られた。

カナムグラの脇を歩いていると、蛹が目に入った。
キタテハの蛹だろう。
c0048196_17294956.jpg

Canon EOS 7D プログラムAE 1/250 8.0 ISO200 EF100mm f/2.8L Macro IS USM
キタテハの蛹は初めてだ。

ルリタテハは樹液に来ているものもいたが、熟した柿にもいた。
c0048196_1732834.jpg

Canon EOS 7D プログラムAE 1/250 4.0 ISO200 EF100mm f/2.8L Macro IS USM

柿にはキタテハ、テングチョウ、ゴマダラチョウも吸汁していたが、アカボシゴマダラが沢山来ていたので、少し駆除してきた・・・。

自宅に帰ると、なんとヒガンバナにアゲハが来ていた・・・。
c0048196_1739335.jpg

Canon EOS 7D プログラムAE 1/200 3.5 ISO200 EF100mm f/2.8L Macro IS USM

自宅に着いてから気がついたのだが、エスティマの左後ろのバンパーがへこんでスリキズがあった。当て逃げだ。
あんな広い駐車場で何台も止まっていないのにぶつかるとは何事だ!犯人を絶対に逃がさない!
THEEND

by ainomidori443zeph | 2013-09-19 17:47 | 狭山丘陵 | Trackback | Comments(0)