タグ:シロチョウ科 ( 15 ) タグの人気記事

2017年 09月 02日
2017年8月19日 富士山麓と一之瀬高原のチョウ
西多摩昆虫同好会の夏期合宿のため久々に土日連休。お盆時期は高速も混み遠出には不向きだからと、奥多摩で合宿を行っているのだが、その前に富士山麓へ出かけてみた。
既に圏央道は、中央道小仏トンネルからの渋滞の影響であきるの辺りまで渋滞。中央道へ出るまでに1時間も掛かってしまった。やはりお盆時期はダメだ。

そこは有名ポイントらしく駐車場は一杯。捕虫網を持った数人のオジサン、オバサンたち(私もオジサンだけど・・・)が帰ってきた。

ヤマキチョウ狙いか?こんなに人が入った後では厳しいかなと思いつつ草原へ。
その後ヤマキチョウ狙いという若い2人連れに逢ったが、姿を見てないと言っていた。

すると擦れたミヤマカラスシジミがいた。発生時期からはかなり遅くもう居ないだろうと思っていたのでちょっと嬉しい。少し進むとあちこちにいるいる!
c0048196_10083414.jpg
ついつい撮影してしまう。
中には、白紋の流れたような個体もあり、
c0048196_10103610.jpg
けっこう楽しめた。

オニユリが好きなのはヤマキチョウだけではなさそうで、ミヤマチャバネセセリが集まっていたり、ダイミョウセセリもいた。
c0048196_10080368.jpg
ヒョウモンはほとんど擦れているが、ウラギンスジヒョウモンの♀は綺麗だった。
c0048196_10095300.jpg
c0048196_10091244.jpg
ジャノメチョウは多かった。
c0048196_10081824.jpg
かなり歩き回ったところでミヤマカラスシジミを撮影していると、足元の草むらから黄色い蝶が飛び立った。色合いから見るとスジボソヤマキかな?と思いつつ追いかける。曇っていた為かすぐに草むらに潜り込み葉裏に止まる。草が邪魔して葉被り。葉を退けようとすると飛び立った。でもまた草むらへ潜る。

そんなことを繰り返しなんとか葉被りにならない所で撮影出来た。
c0048196_10101559.jpg
c0048196_10093953.jpg
ヤマキチョウ♂だ。
ヤマキチョウには20数年前に奥多摩で♀を採集してからの出会いかな。撮影したのは初めてだ。

面白いシーンに出くわした。
ダイミョウセセリにアサマイチモンジが求愛している。1分ほどしつこくまとわりついていたが、とうとう結ばれなかった・・。当然だけど。
c0048196_10111682.jpg
c0048196_10113809.jpg
ダイミョウセセリは知らん顔。

その後、合宿の行われる一之瀬高原へ行くと
エルタテハが
c0048196_10521379.jpg
今年は多いそうだ。

宿へ着くと皆さん酒盛りを始めているといういつものパターン。

ライトトラップにはエゾミドリシジミ??
c0048196_10522161.jpg
イチモンジセセリ
c0048196_10523762.jpg
ジャノメチョウ
c0048196_10524626.jpg
オオシロシタバ
c0048196_10522888.jpg
など、時々ザッとどしゃ降りになった割には多くの蛾が集まった。
THE END





by ainomidori443zeph | 2017-09-02 11:00 | | Trackback | Comments(2)
2017年 04月 04日
2017年04月04日 狭山丘陵だより さくら
今日はギフチョウ日和だったのだが所用があり行けず。近場で。

都心では桜が満開になったというが、我が地元の狭山丘陵では1~3分咲きというところ。
c0048196_17292720.jpg
c0048196_17294758.jpg
ヒオドシチョウの産卵を期待したがエノキの周りには見られず。ヒオドシどころか先週沢山飛んでいたテングチョウも今日はほとんど見られなかった。
エノキの芽の状況は良い感じ。

c0048196_17344762.jpg
c0048196_17341657.jpg
スジグロシロチョウやベニシジミ、ミヤマセセリ、キタテハが少しと、モンキチョウは沢山飛んでいた。

THE END



by ainomidori443zeph | 2017-04-04 17:38 | 狭山丘陵 | Trackback | Comments(0)
2017年 02月 17日
2017年02月17日 狭山丘陵だより 今年初めての蝶(成虫)
春一番が強くなる前に蝶探し。
昨日の続きでモンキチョウ探し。気温11度。枯れ葉の上にいたのはムラサキシジミ。
c0048196_22041761.jpg
口吻を伸ばして歩き回っている。
次に飛び出したのはキタテハ。2頭がもつれて飛び去った。
やがて日なたぼっこ。
c0048196_22072936.jpg
昨日のベニシジミの幼虫の所へ行くと、食事中だ。
c0048196_22084066.jpg
c0048196_22085427.jpg
葉を裏返したりせずに見つけられた。

c0048196_22105946.jpg
そうこうしているうちにモンキチョウが飛んできた。2頭が追飛、そのうちひとつが止まった。
私は今まで狭山丘陵で2月にモンキチョウを観察したことが有っただろうか?
  ☆2017/2/22追記 2010年か2013年の2月下旬に一度撮影記録あり。

以上武蔵村山市なので、地元の瑞穂町へ。

こちらではテングチョウ、キタテハが見られ、キチョウも飛んできた。
キチョウはオオイヌノフグリで吸蜜した後、フラフラ飛んで行き地面に落ちているツバキの花で吸蜜。
c0048196_22132932.jpg
さらに追いかけると、タンポポで吸蜜。
c0048196_22215914.jpg
この後コムラサキの幼虫を探してみたが、南風がとても強くなってきたので帰宅することにした。

帰宅するとベランダに干しておいたハズの布団が吹っ飛んで落ちていた・・。

THE END



by ainomidori443zeph | 2017-02-17 22:26 | 狭山丘陵 | Trackback | Comments(2)
2016年 04月 22日
2016年4月22日 狭山丘陵だより
午前中から良く晴れたので町内のバタフライガーデンへ。
アゲハチョウやテングチョウ、ベニシジミ、ツバメシジミなど目撃。菜の花にツマキチョウが産卵していたのを撮影。ホソオチョウは見られず。

午後は所沢へ。残念ながらまた曇ってきてしまった。今回はちゃんとカメラを持ってきたのでヒメウラナミジャノメも撮影。ここでもツマキチョウの産卵を撮影。
c0048196_15778.jpg


綺麗なギンバエ。
c0048196_1573863.jpg

体毛?がリーゼントみたく後ろへ流れて生えている(笑。

ホソオチョウは見られず。
THE END

by ainomidori443zeph | 2016-04-22 15:09 | 狭山丘陵 | Trackback | Comments(0)
2016年 04月 11日
2016年4月11日 狭山丘陵だより
静岡から戻ったらブログ更新の時間も増えるかと思っていたがROM時間もなかなか取れず。休みには天気が良くなかったりで、すでにサクラも満開を過ぎてしまった。今日は北風も強いが午後から散策。

モンキチョウやベニシジミは沢山飛んでいる。ツマキチョウも1つだけ飛んでいるのを目撃したが撮影は出来ず。
越冬明けのテングチョウ、ルリタテハ、ヒオドシチョウのほかツバメシジミを撮影。今日期待していたミヤマセセリも既に少し擦れていたが撮影出来た。
ミヤマセセリ♂
c0048196_16331234.jpg


モンシロチョウの交尾個体
c0048196_16342699.jpg


THE END

by ainomidori443zeph | 2016-04-11 16:34 | 狭山丘陵 | Trackback | Comments(2)
2016年 03月 23日
2016年3月17日 スジグロシロチョウ初見
3月6日に青梅でミヤマセセリを撮影された方がいらしたので、いつも発生が遅めの狭山丘陵はどうだろうか?

暖かくて花粉が非常に多いという予報の中、車を止めると茶色の蝶が飛んでいる。もしやと思ったが越冬したテングチョウだった。この日はテングチョウが非常に多く、20頭以上見かけた。
テングチョウ
c0048196_17485043.jpg


草の斜面には白い蝶が。
スジグロシロチョウだ。今年初見。
c0048196_17502680.jpg


モンキチョウも元気に飛んでいたが、元気過ぎて近寄らせてくれなかった。
c0048196_17514410.jpg


ミヤマセセリを探し山道を歩いていると、ちょっと引かれるコナラがあった。
期待通り今シーズン初のオオミドリシジミの卵だ。
c0048196_17533242.jpg


ここでも道の脇は手入れがされて1mほど林の中まで篠竹が刈り取られていたが、ココのエノキは残されていた。これだけ刈られると根際の乾燥が進み落ち葉も風で飛ばされてしますだろうなぁ。
と思った。
c0048196_1895584.jpg


霧島緑さんのブログでジャコウアゲハの蛹が高所に付いているという記事があったので、年初に蛹が多く見られたところで調べてみると、見事にあった。食草が自生する近くのコナラの梢に。2つだけ見つけられた。
ジャコウアゲハの蛹
c0048196_1811780.jpg

背中に穴が空いていて、ハエが体液を舐めているようだ。
こちらは健康体かな。
c0048196_1824651.jpg

今シーズンは個体数が多かったためたまたま高所へ移動したのか、普段からこういう場所で蛹化するのか、いままで考えてもみなかった場所なので今後注意してみたい。

PS,梢だと目立つのではないかと思っていたが、初めは1つしか見つけられなかったので意外と天敵の眼をくらませられるかも。

この後、アカタテハ、ヒメアカタテハも姿を見せたが、ミヤマセセリには出会えなかった。
THE END

by ainomidori443zeph | 2016-03-23 18:07 | 狭山丘陵 | Trackback | Comments(2)
2016年 03月 05日
2016年3月5日 オオムラサキの発生木伐採さる
今日は啓蟄、だそうだ。
約1年で単身赴任が解除され、2月末から実家に戻った。静岡でまだまだやりたいこともあったのだが・・。家の事情もあることだし仕方ない。
晴れ間が出ないが何か見られるかも。里山を散策。

成虫の姿が見られないので、ミドリシジミの卵を探す。
c0048196_22222799.jpg

樹幹をしばらく探して1卵。その後ひこばえで2卵。撮影。
c0048196_2224173.jpg

さらに探していると、里山の管理者が来て、ここは一般の方は安全の為立ち入り禁止だという。自己責任でここにいるんだけど・・・。まぁ・・退場。

公園として管理されているので下草など良く刈り取られさっぱりしている。すると、あれ、エノキが無い?!
c0048196_2229433.jpg

さっぱり刈られた土手。
オオムラサキやテングチョウが発生していたエノキなのに・・・。残念だ。
先ほどの管理者が通りかかったので何故エノキを伐ったのか問うと、小川の脇だからみたいなことを言っていたようだ。要するに公共の福祉のためらしい。
このエノキにオオムラサキがいたことを告げると、オオムラサキは別に保護している場所があるから問題ない。というようなことを言って去って行った。
はぁ??

c0048196_22391247.jpg

なら、橋の脇のにあるこの樹は何故残してあるのか??

数年前にも、道沿いのエノキが伐られたことがあり、その時わざわざ公園管理事務所まで行ってそのことを告げると、エノキがあったことは知らなかったと。今後気をつけると言っていた気がするのだが。全く一般人の意見など聞いてないし、活かされてもいない!

都の公園管理はこんなものらしい。

もう帰ろう!今日は嫌な思いをした。




茶色のタテハが飛んでいるのを目撃したが、キタテハにしては大きく、アカタテハにしては明るい色で、ヒョウモン類か。

駐車場付近で白い蝶が飛んでいるのを見つけ、近寄るとモンシロチョウだった。
今年の都下初新チョウ撮影だ。
c0048196_22564723.jpg

薄日が差すと翅を少し開いてくれた。
黄色い蝶がみられるかと思っていたが、白い蝶だったのは想定外だった。
最後にテングチョウも飛んできた。

THE END

by ainomidori443zeph | 2016-03-05 23:01 | 狭山丘陵 | Trackback | Comments(9)
2016年 01月 16日
2016年1月1日 初日の出と1月の初蝶
七草も過ぎいつの間にか成人式も過ぎてしまった。

高校の時以来?の初日の出。
家族が泊まりに来ていたので子供と一緒に近くの山へ。
普段はこの辺の人の散歩コースになっているようでチョウの観察に行くとよく人に会う。なので多少は人が来ているだろうと思っていたが、予想以上。山道はゾロゾロゾロ人の列になっている。

日の出の時間にあと5分!人をかき分け早足で登る。息が切れた・・。
なんとか時間に間に合った。
c0048196_1623119.jpg

雲の間から日の出。大井川の先には太平洋、伊豆半島も見える。
c0048196_16235396.jpg


この日は昼から島田市の大井神社へ初詣でに行ったので蝶の撮影はナシ。

2、3日は仕事で4日にまた近くの山へ撮影に。
まずは、ムラサキシジミ
c0048196_16454777.jpg

キチョウ
c0048196_16463378.jpg

頂上近くではウラナミシジミが勢いよく飛び回っている。
c0048196_16475397.jpg


山頂からは富士山が見えた。いつも雲が出ていてほとんど見たことが無い。
c0048196_16503396.jpg

実家の方格の北側から見るとかなり雪が積もって見えるが、南側は少ないようだ。

ウラギンシジミも姿を現す。
c0048196_16522493.jpg


さすがに静岡は暖かいのだなぁと思っていたが、関東の方でも蝶を撮影されている方が多いですね。

山を下りて駐車場に戻ると、ココにもウラナミシジミがいて、よく見ると綺麗な♀だった。
c0048196_175513.jpg

やっぱり静岡は暖かい?
ここのところ冷え込んで先日霜がおりていたけど・・。

THE END

by ainomidori443zeph | 2016-01-16 17:00 | 静岡便り | Trackback | Comments(0)
2015年 12月 28日
2015年12月28日 静岡便り 近所の山で
今年最後の休み。近所の山に登ってみた。17日に登ったときにはベニシジミ、ヤマトシジミ、ウラナミシジミ、ヒメアカタテハを撮影出来た。

この山は風があっても山頂付近は意外と風が弱い。住んでいるマンション、東海道線の六合駅、大井川河口、蓬莱橋、駿河湾、伊豆半島、富士山まで条件が良いと見える。

今月に入ってはじめて黄色い蝶を見た。
キチョウだった。
c0048196_22253772.jpg


今日も元気に飛び回っていたのは、翅の擦れたウラナミシジミ。
c0048196_22344690.jpg


まだ羽化してそれほど経過していそうもないモンキチョウ。
あと4日して撮れば新チョウ撮影になる??
c0048196_22452731.jpg


いつも雲に隠れてみられなかった富士山。今回初めて見られた。
c0048196_22462126.jpg

中央部。雲に隠れがちに見えた!

みなさま、良いお年を。
THE END

by ainomidori443zeph | 2015-12-28 22:53 | 静岡便り | Trackback | Comments(2)
2015年 10月 04日
2015年09月30日 島田市大井川中流 ツマグロキチョウ
まだ夏型も見られたが、8割方秋型だった。
自宅のある都下では滅多に見ることが出来なくなってしまった。といっても私自身は一度も見たことがなかった。

そのため、静岡に来てツマグロキチョウの記事が多くなってしまう。

大井川中流ではカワラケツメイもかなりある場所があり、そこにはツマグロキチョウが沢山飛び回っていた。夢のような場所だ。キチョウよりも敏感で近寄らせてくれないし、吸蜜時間も短くなかなか撮らせてくれない。時間を掛けてなんとか吸蜜シーンを撮影出来た。

c0048196_0114655.jpg

Canon EOS 5D Mark III 2015/09/30 絞り優先AE Tv1/500 Av5.0 ISO200 EF100mm f/2.8L Macro IS USM 100.0mm

continue

by ainomidori443zeph | 2015-10-04 00:15 | 静岡便り | Trackback | Comments(0)