タグ:タテハチョウ科 ( 31 ) タグの人気記事

2017年 02月 17日
2017年02月17日 狭山丘陵だより 今年初めての蝶(成虫)
春一番が強くなる前に蝶探し。
昨日の続きでモンキチョウ探し。気温11度。枯れ葉の上にいたのはムラサキシジミ。
c0048196_22041761.jpg
口吻を伸ばして歩き回っている。
次に飛び出したのはキタテハ。2頭がもつれて飛び去った。
やがて日なたぼっこ。
c0048196_22072936.jpg
昨日のベニシジミの幼虫の所へ行くと、食事中だ。
c0048196_22084066.jpg
c0048196_22085427.jpg
葉を裏返したりせずに見つけられた。

c0048196_22105946.jpg
そうこうしているうちにモンキチョウが飛んできた。2頭が追飛、そのうちひとつが止まった。
私は今まで狭山丘陵で2月にモンキチョウを観察したことが有っただろうか?
  ☆2017/2/22追記 2010年か2013年の2月下旬に一度撮影記録あり。

以上武蔵村山市なので、地元の瑞穂町へ。

こちらではテングチョウ、キタテハが見られ、キチョウも飛んできた。
キチョウはオオイヌノフグリで吸蜜した後、フラフラ飛んで行き地面に落ちているツバキの花で吸蜜。
c0048196_22132932.jpg
さらに追いかけると、タンポポで吸蜜。
c0048196_22215914.jpg
この後コムラサキの幼虫を探してみたが、南風がとても強くなってきたので帰宅することにした。

帰宅するとベランダに干しておいたハズの布団が吹っ飛んで落ちていた・・。

THE END



by ainomidori443zeph | 2017-02-17 22:26 | 狭山丘陵 | Trackback | Comments(2)
2016年 11月 04日
2016年11月04日 狭山丘陵だより 小春日和
この秋はウラナミシジミが多かったそうだ。残念ながら私にはチャンスがなく実感は無い。さすがにもう生き残った個体も見られなかった。

c0048196_21252694.jpg
この季節に似合わないブルーの何かが飛び立った。止まったところを見るとルリタテハだった。

擦れている個体の他、比較的綺麗なテングチョウもいた。
c0048196_21320271.jpg
アオバセセリの幼虫の幼虫を探していたら蛾を発見。
ノコメトガリキリガ
c0048196_21332206.jpg
アオバセセリもスミナガシも見つけられず。
THE END


by ainomidori443zeph | 2016-11-04 21:47 | 狭山丘陵 | Trackback | Comments(4)
2016年 10月 07日
2016年10月07日 狭山丘陵だより 食欲の秋
その1
ツマグロヒョウモン
c0048196_20425239.jpg
その2
キタテハ
c0048196_20453444.jpg
その3
オオカマキリ
c0048196_20462124.jpg
THE END


by ainomidori443zeph | 2016-10-07 20:46 | 狭山丘陵 | Trackback | Comments(0)
2016年 09月 26日
2016年9月26日 狭山丘陵だより クロコノマチョウ他
この頃休みはあるのだが、天気が思わしくなかった。今日も諦めていたのだが、昼頃には雲が切れてきた。蒸し暑くなってきたが、アゲハ類を狙って出かけてみた。

ヒガンバナには何も来てない。
アザミにも何も来てない・・。

が、メスグロヒョウモン♀が突然現れた。さすがに色褪せてはいるが。
c0048196_20270311.jpg
ジュズダマのある所で幼虫を探していると、
c0048196_20282288.jpg
お、蛹発見。
しゃがみ込んで
c0048196_20290455.jpg
眼から翅にかけて色が変わってきている。羽化の前兆だ。2日くらいで羽化するだろう。
すぐ近くにもう一つ。
c0048196_20310684.jpg
ヤブ蚊が多いので退散。

c0048196_20321917.jpg
変な飛び方のトンボがいたので止まったところを撮影。

ヒョウモンのポイントへ戻ると、オオウラギンスジヒョウモンが来ていた。
c0048196_20335037.jpg
夏のベニシジミは黒くて好きになれないが、今頃のベニシジミはフォトジェニックでレンズを向けてしまう。
c0048196_20340375.jpg
THE END


by ainomidori443zeph | 2016-09-26 20:42 | 狭山丘陵 | Trackback | Comments(0)
2016年 09月 15日
2016年9月12日  秋の気配 
先週までは見られなかったアカボシゴマダラが結構見られた。新鮮な個体が多い。産卵場所を探すものや柿の実に集まるもの、日光浴をするものなど。
c0048196_20574256.jpg
イチモンジセセリやオオチャバネセセリに混じりチャバネセセリも見られた。
c0048196_20583908.jpg
視界の片隅に小さい蛾がチラっと飛んだ。近くにイトトンボがいたので撮影しようとすると、そのトンボが蛾を捕まえた!
c0048196_21024655.jpg
エノキでオオムラサキの幼虫でもいないか探していると
c0048196_21032117.jpg
名前を忘れてしまった。

アオバセセリの幼虫やクロヒカゲが見られた。
THE END


by ainomidori443zeph | 2016-09-15 21:07 | 狭山丘陵 | Trackback | Comments(2)
2016年 09月 05日
2016年9月5日 シンクロナイズドフライングとキタテハ幼虫
予報に反しての好天。

自宅上空でアゲハが絡んでいた。
c0048196_21522733.jpg
c0048196_21523783.jpg
c0048196_21524430.jpg
最後には
ぴったりシンクロ。

ウサギ小屋の掃除をしてから里山へ。
イチモンジセセリやキチョウはそこそこ見られたがアゲハ類やタテハ類は期待外れ。
サトキマダラヒカゲ
c0048196_21561056.jpg
ヒメジャノメ
c0048196_22054528.jpg
ツマギロヒョウモン♀
c0048196_22062903.jpg
などが見られた。
帰ろうとしたところ、撮影されている方がいらしたのでお話を伺うと、この辺りで昆虫の写真を撮られているということ。

なんと我々の共著「東京都の蝶」「新版・東京都の蝶」の愛読者で、編集を担当した近隣在住会員とも既に面識があるそうで、さらに驚いたことに、お名前が私と一文字違いだった。
丁度キタテハの幼虫を撮影されていて、便乗させてもらった。
c0048196_22174707.jpg
写真はイマイチだった・・。
Tさん、お世話になりました。
ヒカゲチョウ、アカボシゴマダラ、コミスジ、スジグロシロチョウ、キチョウ、ヤマトシジミ、ノコギリクワガタ♂を目撃。
THE END


by ainomidori443zeph | 2016-09-05 22:24 | 狭山丘陵 | Trackback | Comments(0)
2016年 08月 29日
2016年8月21日 奥多摩山行 クジャクチョウ
駐車場に車を止めて歩くこと約1時間半、多摩川上流の山小屋まで行ってきた。
2,3年ぶりのやや本格的な山登り。
登山口入り口に熊注意の看板。あ、熊よけの鈴もラジオも持ってこなかった。一人なのだがかけ声を掛けながら登っていった。

目的の山小屋へ着くとシカが3頭うろうろ。
エルタテハとクジャクチョウがトイレの周りにいた。しばらく待っているとキツネが!

c0048196_22232034.jpg

そのうちにクジャクチョウがマルバダケブキに来た。
c0048196_22291346.jpg
久しぶりのクジャクチョウだ。

その他のチョウはミヤマカラスアゲハ、ミドリヒョウモン、イチモンジセセリ。シラフヒゲナガカミキリが2つ。
雲行きが怪しくなってきたので水場で水を汲んで下山。

途中登山道の脇3mの所でシカに遭遇。
c0048196_22364472.jpg
ヒトを恐れない・・。

まぁ熊に出会わなくて良かったが、キベリタテハに全く会えなかったのが残念。
でもいい汗をかいた。
お土産にブドウと桃を買って中央道に乗ったが、早い時間にもかかわらず小仏トンネルの渋滞にはまってしまった。
THE END


by ainomidori443zeph | 2016-08-29 22:43 | 蝶と花 | Trackback | Comments(0)
2016年 08月 02日
2016年7月10日 狭山丘陵便り スミナガシ幼虫
一月ほど前に撮影したものだが、スミナガシの中齢幼虫。
c0048196_1524252.jpg


しばらく撮影していたら気配を感じたらしく威嚇された。
c0048196_15251128.jpg


この日はオオムラサキを1つ遠くに確認。アカボシゴマダラ、オナガアゲハ、ヒメウラナミジャノメ、イチモンジセセリなど目撃。

THE END

by ainomidori443zeph | 2016-08-02 15:26 | Trackback | Comments(2)
2016年 05月 24日
2016年5月24日 狭山丘陵だより ウラナミアカとコムラサキ
小平でウラナミアカシジミの目撃記録があったので、狭山丘陵で探してみた。

アカシジミは数が増えて咲き始めのクリに集まっていた。
c0048196_2027787.jpg


目的のウラナミアカも2頭だけ見つかった。
c0048196_20282548.jpg

EF300mm f/4L IS USM +1.4x
c0048196_20293284.jpg

EF100mm f/2.8L Macro IS USM
写真は同じ個体

ヒオドシチョウは見られなかったが、コムラサキがいくつかヤナギの周りを飛んでいた。
c0048196_20311450.jpg


テングチョウの新成虫も2ついた。

驚いたことにこのヤナギの上方の樹液にはもうカブトムシが来ていた。
c0048196_20345781.jpg


帰りがけ久しぶりにhirokouさんにお目に掛かった。
THE END

by ainomidori443zeph | 2016-05-24 20:36 | 狭山丘陵 | Trackback | Comments(2)
2016年 04月 18日
2016年4月18日 狭山丘陵だより
狭山丘陵も一面の新緑。今年はもうエノキの芽にヒオドシチョウは産卵しただろうか?既に葉を開いていている樹もあった。
数カ所見て回ったがそれらしきものは無かった。テングチョウがいくつか産卵行動をとっていた。
ヒオドシの卵は見られなかったが、枝の分岐にオオムラサキが付いていた。周辺の枝は芽が膨らみはじめたところ。
c0048196_17592812.jpg

今年はヒオドシの発生は少ないのかな??

エノキを見ていて思うのだが、アカボシゴマダラを見ない。数年前はどこにでもいたのに。よそ者は定着しにくいのか?

その後所沢へホソオチョウを見に行ったが、曇ってしまったためかひとつも見られず。草むらも歩いたが発見できず。今年の発生は少ないのかな?駆除された??
ウマノスズクサは5~30cmに伸びていたが、卵などは無し。

ヒメウラナミジャノメがいくつか飛んでいた。今年初見。

THE END

by ainomidori443zeph | 2016-04-18 18:10 | 狭山丘陵 | Trackback | Comments(0)