タグ:東京都 ( 174 ) タグの人気記事

2017年 10月 23日
2017年10月18日 狭山丘陵だより 10月のアブラゼミ
ススキ梅雨の中休み。
久しぶりの太陽。布団を干してから出かけた。

ヤマトシジミがチラチラ。交尾個体もいた。
c0048196_12584572.jpg
期待したウラナミシジミは見られなかった。
セセリチョウが吸蜜しており、イチモンジセセリかと思ったら、チャバネセセリだった。割と綺麗な個体だった。
c0048196_12585686.jpg
ベニシジミ、キタテハが少し見られたが、アザミによく見られるヒョウモンチョウの仲間は、ツマグロヒョウモンを除きいない。

仕方ないので今年はまだ見ていないクロコノマチョウを探しに森の中へ入った。林床をゴソゴソ歩くといきなり黒い蝶が飛び出した。
c0048196_12590833.jpg
薄暗くシャッタースピードは1/20程度。ストロボを使うと黄色っぽくなってしまい嫌いなので、LEDライトを使用。
少し脅かして明るめの所へ飛ばす。
c0048196_12591920.jpg
まわりもスッキリしたところに止まってくれた。

他に出てこないので、ジュズダマがあるとこに行ってみた。クロコノマの食痕らしいものがあるので幼虫を探していると、アカハネナガウンカが付いていた。
c0048196_12593116.jpg
これを撮影していてふと脇を見ると、クロコノマチョウが止まっていた!
c0048196_12594327.jpg
ビックリ。こうなるとまだいるだろうとさらに葉の裏を覗く。すると
c0048196_12595478.jpg
透きとおる蛹が1つ。
その近くには羽化殻。先程の個体が出た殻かな。
c0048196_13000709.jpg
柿の実にタテハチョウが来ているかもしれないと行ってみると、キタテハとルリタテハが1つ飛んでいた。アカボシゴマダラはいなかった。すると黒いセミ飛んできて幹に止まった。
c0048196_13002802.jpg
鳴かなかったので♀だと思うが、この時期にアブラゼミとは!少し前に蝶&鳥日記 2のノゾピーさんもブログに書かれていた。
秋も終盤になるというのに。

ユズの木でアゲハ類の幼虫を探してみた。
c0048196_13004772.jpg
ユズとツーショットのクロアゲハ幼虫。ナガサキアゲハの中齢~終齢幼虫も見られ、大きな蛹の殻もあった。

撮影していると突然ナガサキアゲハ♀が飛んで来て少し離れた樹上に止まった。この蛹殻はこの個体のものか!と
c0048196_13010239.jpg
c0048196_13020671.jpg
やがて飛び立ちユズの周りをゆったりと飛び、産卵を始めた。かなり高い位置だ。
c0048196_13011658.jpg
c0048196_13012782.jpg
すぐに飛び去ったが、その後には卵も写っていた。

後で別角度で適当に撮影した写真にはこの卵と黒っぽくなった卵も見られた。
c0048196_13040156.jpg
蜘蛛の巣が張り巡らされ、産卵しようとした♀の翅の震動でジョロウグモがサッと寄ってきた場面もあったが、難は逃れた。

他には、アカタテハ1、キチョウ6、テングチョウ2、ウラギンシジミ3、メスグロヒョウモン1がみられた。

THE END



by ainomidori443zeph | 2017-10-23 13:55 | 狭山丘陵 | Trackback | Comments(0)
2017年 09月 21日
2017年9月11日 奥多摩のキベリタテハなど
林道を走っているとキベリタテハが飛んでいた。まずは証拠写真程度。
c0048196_20503541.jpg
これは幸先が良い。今日は沢山見られるかな。
翅が壊れているので証拠写真程度。

しかし、雲がどんどん厚くなり結局これだけしか見られなかった。

他には
サカハチチョウが少々。
c0048196_20504750.jpg
ミドリヒョウモンが少々。
c0048196_20510754.jpg
シータテハがひとつ。
c0048196_20505565.jpg
この日はこれにて雨が落ちてきたので
THE END


by ainomidori443zeph | 2017-09-21 21:14 | | Trackback | Comments(0)
2017年 08月 16日
2017年8月15日 うさおの旅立ち
2007年3月にうちへ来てから10年5ヶ月、7年が寿命といううさぎにしては長生きしてくれたのだろうけれど、とうとうこの日がきた。

玄関脇からずっと家族の出入りを見守ってくれたうさお、ありがとう。

合掌



by ainomidori443zeph | 2017-08-16 09:46 | 雑感 | Trackback | Comments(2)
2017年 08月 04日
2017年 08月 04日 狭山丘陵便り  オオムラサキ最盛期
梅雨が明けてから雨が降るようになり、クヌギやコナラからも樹液が多く出てきたようだ。

7月中はオオムラサキに一度しかお目にかかれなかったが、今年は発生数が多いという話も聞く。
今日行ってみると既に擦れてはいるが、いくつかその姿を見ることが出来た。

カブトムシやカナブンも沢山いた。
c0048196_21335568.jpg
撮影していると後ろでブォーンと低い羽音がした。スズメバチかと振り返るとカブトムシが飛び立ったところだ。

この樹の根元を覗くと、ここにもカブトムシがいた。
c0048196_21340840.jpg
♀の背中を♂が舐めて交尾を迫っているようだ。しばらく観察していると、体をゆっくり左右に振り始めた。交尾の成立かと思っていると、♀は♂を振り払っているようで最終的に♂は離れてしまった。
この樹には10頭カブトムシがいた。

移動。

この樹も少し樹液が増えてきたようだ。行ったときはカナブンしか居なかったが、やがてオオムラサキが飛んできた。
c0048196_21342099.jpg
やがてココを離れると葉上で静止。
c0048196_21344703.jpg
おおぉ、♂の表を撮影するチャンス!♂は樹液に居るときはほとんど翅を閉じているのでチャンスがすくない。
かなりシャッターを切ったがなかなかキッチリピントがきているのが少ない・・。

ココを飛び立つと周辺を滑空し、低い木柵に止まった。これも大チャンス!なかなかこんな機会は無い。
c0048196_21351078.jpg
綺麗にムラサキ色が出る位置を探したり。
c0048196_21352841.jpg
正面から撮影すると、翅の擦れが目立たないようだ。

曇っていた為かゆっくりと撮影させてくれた。
今日は5頭のオオムラサキを見ることが出来た。

THE END


by ainomidori443zeph | 2017-08-04 21:58 | 狭山丘陵 | Trackback | Comments(2)
2017年 07月 19日
2017年07月19日 狭山丘陵便り ようやく確認出来た! オオムラサキ
7月に入ってからオオムラサキを探して歩いているのだが姿が見られない。オオムラサキどころか、ゴマダラチョウや一時相当増えたアカボシゴマダラさえも。
今日もニイニイゼミの合唱の中狭山丘陵を歩いてきた。

駐車場脇の低いところにセミが止まっている。
ニイニイゼミだ。
c0048196_19120339.jpg
すぐ近くの樹にも
c0048196_19121199.jpg
コナラの樹液を見に行くとカナブンとスズメバチ、ヒカゲチョウくらいしかいない。
幾つかのポイントをみると
c0048196_19141211.jpg
カナブンが18、カブトムシ1♀が集まっているコナラがあった。

ポイントを移動。
ヤナギの樹液にはノコギリクワガタ♂が♀を抱えて止まっていた。誰も採るヒトはいないだろうから先にクヌギのポイントを見てこよう!
ってもどると、♂は♀を置いて上の方に行ってしまっていた。しまった・・・。
c0048196_19124152.jpg
c0048196_19125127.jpg
その後も樹液を探していると、道標のまわりにクロヒカゲが飛び回っている。何かあるのか?
c0048196_19130492.jpg
昨日の雷雨で、木の中から美味しいものが染みだしていたのか?

昼になるのでオオムラサキはあきらめようとしたところ、ついにオオムラサキの姿が!
高い位置でなかなか翅を開かない・・。
あぁ首が痛い・・・。

c0048196_19131924.jpg
c0048196_19133270.jpg
移動しながら翅を開くのでピントがイマイチ
撮影しているときは翅の青が見えなくて♀だと思っていたが立派な♂だった。

その後、アカボシゴマダラ
c0048196_19135054.jpg

偶然にゴマダラチョウも撮れ
c0048196_19140450.jpg

今日一日でエノキ兄弟+乱入ガイを撮影出来た。
THE END



by ainomidori443zeph | 2017-07-19 19:36 | 狭山丘陵 | Trackback | Comments(2)
2017年 07月 11日
2017年07月07日 狭山丘陵便り チョウよりも甲虫
前回福生市のクロジャコウカミキリ(クビアカツヤカミキリ)を調査したが、我が瑞穂町はどうだろう?
狭山丘陵(六道山)には昔からサクラがあり名所となっている。今はだいぶ老木化しているが。

クロジャコウカミキリはもともとベトナムなどに生息し、輸入木材などに付いて侵入してきたと考えられている。家が建てられたりする住宅街やヒトの活動がある場所で発生しているようだ。その点は六道山は安心だが。

かなり時間を掛けて六道山周辺を見回ったがクロジャコウカミキリは見つからなかった。まぁ一安心。
代わりに、サクラの幹には在来種の
c0048196_22422114.jpg
ノコギリカミキリ♀

エノキの枝の皮を食べる
c0048196_22431279.jpg
クワカミキリ

ヤナギの樹液にいた
c0048196_22432770.jpg
スジクワガタ

またクヌギにいた
c0048196_22423426.jpg
スジクワガタ

7月になってもまだ見られた
c0048196_22420933.jpg
擦れたウラナミアカシジミ

c0048196_22425521.jpg
新鮮なキアゲハ
ということで、蝶影は少なく甲虫が多く見られた日だった。

THE END


by ainomidori443zeph | 2017-07-11 23:03 | 狭山丘陵 | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 29日
2017年06年29日 特定外来生物(その他の総合対策種) 駆除
自宅からほど近い福生市で、今年もクロジャコウカミキリが発生しているらしい。大きめで格好いいので是非見てみたいと思っていたが、昨年は行くチャンスがなかった。
今回ついに願いが叶った。

桜並木を見ていくと、下草に止まっている個体を発見。
綺麗だ!
c0048196_19233201.jpg

さらに探すとサクラの幹に止まっている個体も。
c0048196_19260388.jpg
カッコイイ!
c0048196_19254856.jpg
1時間半くらいで5頭を駆除できた。




by ainomidori443zeph | 2017-06-29 20:30 | 昆虫 | Trackback | Comments(2)
2017年 06月 19日
2017年06月19日 狭山丘陵便り メスグロヒョウモン
午前中は布団を干したり・・。
今日は午後から。

クリの花も日当たりの良いところは終わってしまいそうだが、ここままだいけそう。
何かヒョウモンが来ている。近づくとメスグロヒョウモンだ。
5つくらい来ている。暑いので日蔭の花に多い。
c0048196_19370378.jpg
コレは日向。青空バック。
♀も1つ見られた。
THE END


by ainomidori443zeph | 2017-06-19 19:37 | 狭山丘陵 | Trackback | Comments(2)
2017年 06月 16日
2017年06月16日 狭山丘陵便り キマダラセセリとオオミドリシジミ
梅雨の長い中休み。
今日も爽やかな風が吹いている。午後には雷雨になるそうだが・・。

スジグロシロチョウは沢山飛んでいるが蝶影は少ない。コミスジ、イチモンジチョウ、サトキマダラヒカゲ、クロヒカゲ、クロアゲハ、テングチョウ、ダイミョウセセリが1~3くらい。前回見られたゼフやヒオドシなどは見られない・・。

それでも、ヒカゲチョウは少し多めだった。
c0048196_17515415.jpg
今年初めてのキマダラセセリ
c0048196_17520712.jpg
もうゼフには遅いとあきらめ帰りかけたところ、日蔭の地面に青いキラメキが!
あきらめていたオオミドリシジミだ。湿った地面で口吻を伸ばしていたが飛び立った。
c0048196_17521900.jpg
チラリと翅表が
c0048196_17522801.jpg
これで今年はウラゴマダラシジミを除くアカ、ウラナミアカ、ミズイロ、オオミドリ、ミドリの平地性ゼフ5種を撮影出来た。いつもは3種くらいなので、上出来。

おまけ
c0048196_17523979.jpg
コナラの樹液にスズメバチと一緒に居たコクワガタ

THE END



by ainomidori443zeph | 2017-06-16 18:14 | 狭山丘陵 | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 09日
2017年06月09日 狭山丘陵便り ヒオドシチョウ最盛期
最近武蔵村山市ばかりで瑞穂町がおろそかになっている。ということで、我が地元の様子を見に出かけた。

梅雨に入ったが雨はあまり降らない・・。昼前になると青空が出てきた。
ウラナミアカシジミ、ヒメウラナミジャノメ、ヒカゲチョウ、キチョウ、モンシロチョウ、キアゲハなどを確認。もしかしたらミスジチョウがいるかも?と期待しながら散策。
白と黒の素早く飛ぶ蝶がいた!
c0048196_15203409.jpg
おっ!メスグロヒョウモンだ。ミスジチョウではないが今期初、しかも♀だ。

ヤナギを見るとコムラサキがいくつか飛んでいる。ただ樹が高く撮影は無理。しばらくすると1つが少し低いクリの木へ降りて占有。
c0048196_15221329.jpg
クリには、テングチョウ、アカシジミ、ルリシジミが来ていた。枝を引っ張って揺らしてみたら蛾が飛びだし三脚に止まった。
c0048196_15205405.jpg
ヨツボシホソバだとおもう。

あしもとの湿地にはルリシジミが集団で吸水していた。しばらくするとウラギンシジミも仲間入り。
c0048196_15223266.jpg
ここにはミドリヒョウモンも飛んできた。

すこし移動するとヒオドシチョウが飛び立った。後を追うとコナラの方へ。このコナラは樹液を出しているのでそこへ止まるかと期待。
うまいこと止まってくれた。
ただオオスズメバチがいて恐々撮影。少し暗い場所で蚊もいる。落ち着かない。

ヒオドシチョウは地面や壁などに止まっているのをよく見るが、樹液に来たヒオドシチョウを見るのは中学生以来。感動。
しかも、撮影しているうちに次々飛来し、一時3頭が集まった。感激。
ただ3頭一緒には写せなかった。
c0048196_15211376.jpg
c0048196_15213572.jpg
少ししてヒオドシチョウが居なくなったらルリタテハが来ていた。
c0048196_15215203.jpg
新成虫にしては擦れているので越冬個体だろう。
ヒオドシチョウは日が当たる木柵に移動?しており、5頭いた。近くのエノキで羽化したものだろう。

THE END



by ainomidori443zeph | 2017-06-09 15:52 | 狭山丘陵 | Trackback | Comments(2)