2019年 08月 09日
2019/08/09 富士山麓にて

ホシチャバネセセリをまだ見たことないのでプチ遠征。
炎天下のなか1時間半くらい歩いてようやく見つけた。ひとつ目は緊張してピンぼけ。近くを探してふたつ目。
c0048196_23071180.jpg
ちょっとスレ気味かな。
でも見られて良かった!
ずいぶん小さいねー。

ヤマキチョウもいた!
c0048196_23101708.jpg

♀も発生してた。
c0048196_23110965.jpg
今晩の🍺ビールは最高だった!
The end


# by ainomidori443zeph | 2019-08-09 22:59 | Trackback | Comments(4)
2019年 07月 02日
2019/06/26,27 福島県へ初遠征 キマダラルリツバメ
今まで東北地方に縁が無く、したがって福島県も初めての訪問だ。
そう、4本の尾状突起を持つキマダラルリツバメを撮影するためだ。

天気予報をチェックしながら、1週間前には休みを替わってもらったり、新幹線、レンタカー、ホテルを予約し準備した。これで雨だったら・・・。


大抵は車で行くのだが、今回は一人ということで、郡山まで新幹線、そこからレンタカーを使った。

13時半頃ドライブインへ到着。昼を注文するとそこへ会津昆虫同好会のご一行が到着。すると店のオーナーは、団体さんが来られたので今日は閉店だな!と。え~!そんなんで良いの??て感じ。

注文の品が出来上がるまで、皆さんが庭で撮影されている。チョウセンアカシジミだなとピンときたので、私も撮影させてもらう。
c0048196_21050710.jpg
もう最盛期は過ぎているようで、この1頭のみだった。奥の方にいて撮影しにくく数枚撮影すると隠れてしまった。

3時半すぎ、皆さんと観察ポイントへ案内してもらった。すでに多くのカメラマンがいらしていた。
初めは見つけられなかったが、カメラを構えている方が集まっているところへ行ってみると葉の上に止まっている個体を見つけられた。ただ尾状突起が2本しか無く残念だった。

その後テリハリしている個体がいたが、枝が重なりあったその奥でどうにか撮影出来たのがコレ。
c0048196_21171622.jpg
かなりトリミングしてある。尾状突起4本ある!

その後いくつか撮影することが出来たが、翅を開くと焦ってしまい、撮影したわりに上手く取れていないモノが多かった。カメラマンも多くポジショニングも難しいことも。
c0048196_21175326.jpg
c0048196_21173050.jpg
c0048196_21131722.jpg
c0048196_21142026.jpg
撮りに来た甲斐があったというものだ。めでたしめでたし。

翌日は朝から曇り空。
違う場所で狙うもキマルリの姿は見えず。
代わりにオオミスジがウメの周りを飛んでいた。観察していると何かに執着しているようだ。もしかするとと思っていると、蛹に止まってストローで舐め回している。
c0048196_21163662.jpg
そのうちもう一つ飛んできて2頭で場所取りをしている。雌の羽化を待っているのだろう。
c0048196_21162306.jpg
c0048196_21154600.jpg
結局初めにいたオスが追い出されてしまった。蛹には羽化の前兆が見られ翅の模様も浮き出ていたが、観察している間は羽化シーンは見られなかった。

キマルリの活動時間の午後3時近くになると、黒い雲が近づいてきて本降りになってしまったので遠征終了となった。
おまけ ノウサギ
c0048196_21164787.jpg
THE END



# by ainomidori443zeph | 2019-07-02 21:49 | | Trackback | Comments(2)
2019年 06月 17日
2019/06/11 狭山丘陵のミドリシジミ

アカシジミもウラナミアカシジミも時期が遅いかなと思ったが、クリの花にはまだアカシジミの姿がいくつか見られた。

ふとミドリシジミはどうかなと思い探してみた。
すると、羽化後のメスやオスも見られた。
日が差し明るくなると翅を開く。
ミドリシジミ♂
c0048196_14370982.gif
c0048196_14370938.gif
なかなかミドリシジミらしい緑色が出ず青くなってしまう。
c0048196_14390105.gif
スマホで上から撮ったものは
c0048196_14415987.gif
いくらかミドリシジミらしい色になったかな?
The end


# by ainomidori443zeph | 2019-06-17 13:33 | Trackback | Comments(2)
2019年 06月 15日
2019/06/03 都下のフジミドリシジミ

朝のうち雨という予報だったので、都下の山へ。
家を出ると日がさし始め暑いくらいの天気になった。

主役の登場までは、大発生して群飛しているキアシドクガを眺めたり、汗を舐めに来るテングチョウを撮影して時間をつぶす。
テングチョウ
c0048196_20445102.gif
同好の方の話を興味深く聞いてるうちに2時間ほど経った。すると下の方からチラチラとフジミドリシジミが上がってきた!気持ちは焦るが良いポジションがとれない、、それでもこうしてみるとピントの合ったショットもあった。
フジミドリシジミ♂
c0048196_20452719.gif
少しスレはあるがフジらしい色が出たかな。

さらに2時間ほど経った時、同好の方が見つけてくれた!まさに足元という場所。
フジミドリシジミ♂
c0048196_20452725.gif
この個体は羽化後間もないようで、体から取れたと思われる白い綿毛のようなものが葉の上に。
この個体は直ぐに飛び立っていった。

その後はチャンスがなかった。

今回はISO感度が高過ぎたので、撮り直すべく6日にも出かけてみた。

しかしこの日はさらに暑く、同好の方は目撃されたようだが、私はカスリもしなかった。
The end


# by ainomidori443zeph | 2019-06-15 20:39 | Trackback | Comments(2)