2010年 05月 18日
2010年5月18日 狭山丘陵便り 蝶影薄し
今日も朝から良い天気だ。
アゲハ狙いで出動。しかし、予想に反し、先日まで多かったスジグロシロチョウもあまり飛んでいない。
先日、「ツマキチョウ幼虫?」で載せておいた虫はやはり「ツマキではない」とchochoensisさんからコメントをいただいたので、また探してみた。探せど探せど見つかるのは、先日見たやつばかり・・。30分以上探してやっと頭の黒い幼虫を発見。
ツマキチョウ?若齢幼虫   瑞穂町石畑
c0048196_15251823.jpg

Canon EOS 40D 絞り優先AE Tv1/500 Av4.0 ISO200 EF100mm f/2.8L Macro IS USM

アゲハも気になるが・・・。
20程経ったころ・・・。
これはまさしくシロチョウ科の幼虫だ。
スジグロシロチョウ   瑞穂町石畑
c0048196_1530666.jpg

Canon EOS 40D 絞り優先AE Tv1/320 Av6.3 ISO200 EF100mm f/2.8L Macro IS USM
一つ見つかると不思議なもので、どんどん見つかった。この株からスジグロシロチョウ幼虫を10頭ほど見つけ、始めてから1時間ほどしてやっと正真正銘ツマキチョウ幼虫を見つけることが出来た。

ツマキチョウ幼虫   瑞穂町石畑
c0048196_15352022.jpg

Canon EOS 40D 絞り優先AE Tv1/160 Av6.3 ISO200 EF100mm f/2.8L Macro IS USM

その後、疥癬に罹ったようなタヌキ?に出会った
c0048196_1539569.jpg


ここでは、コジャノメ、サトキマダラヒカゲ、コミスジ、アゲハ、オナガアゲハ、スジグロシロチョウ、モンキチョウ、キチョウ、イチモンジセセリに出会った。
場所を変え、
トンボを撮影
?トンボ   瑞穂町殿ヶ谷
c0048196_1541611.jpg
Canon EOS 40D 絞り優先AE Tv1/30 Av4.0 ISO200 EF100mm f/2.8L Macro IS USM
ここでは、スジグロシロチョウ、コジャノメ、クロヒカゲ、ツマグロヒョウモン目撃。

アゲハ類はもう終わりなのか?
THEEND

by ainomidori443zeph | 2010-05-18 15:45 | 狭山丘陵 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://ainomidori.exblog.jp/tb/14404880
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by himeoo27 at 2010-05-18 22:14
幼虫は成虫よりさらに奥が深そうですね!そのブラックホールに次第に引き寄せられそうなヒメオオです。
Commented by 愛野緑 at 2010-05-18 22:54 x
himeoo27さん、こんばんは。
生態写真となるとやはり幼生期の写真も無くてはと考え、撮り始めましたが手強いです。 全種は不可能ですね・・・。
Commented by murakumolabo at 2010-05-20 23:40
トンボはニホンカワトンボの無色翅型の若い成虫でしょうね…
まぁ、アサヒナカワトンボの可能性も否定できませんが…

成熟すると尻尾の辺りの白さがだんだん全体にまわってきます。
Commented by 愛野緑 at 2010-05-21 21:59 x
murakumolabo さん、こんばんは。

翅にあるワンポイントが目立つ赤で、珍品かとも思いましたが、ちょっと調べてみたら普通種みたいですね。

今後も知らないことを教えてください。


<< 2010年5月26日 狭山丘陵便り      新しい仲間 >>