2010年 05月 31日
2010年5月31日 ツマキチョウ その後3 狭山丘陵便り
29日夜帰宅すると、ツマキチョウはすでに形を整えていたし、その下のスジグロシロチョウも蛹化していた。
ツマキチョウ蛹   31日撮影(もうすっかり枯れ木色)
c0048196_16244311.jpg

Canon EOS 40D 絞り優先AE Tv1/80 Av6.3 ISO200 EF100mm f/2.8L Macro IS USM 内蔵ストロボ

スジグロシロチョウ蛹   31日撮影
c0048196_16273042.jpg

Canon EOS 40D 絞り優先AE Tv1/100 Av6.3 ISO200 EF100mm f/2.8L Macro IS USM 内蔵ストロボ

さて、
今日は思いの外天気が良いので、アブラナの様子を見てきた。
アブラナの葉の上でヒメナガメが集まっていた。
ヒメナガメ   瑞穂町石畑
c0048196_1714449.jpg

帰宅してから気がついたのだが、葉上にスジグロシロチョウの幼虫がいた(^^;

ヤマキマダラヒカゲは居ないはずだが・・・色合いはヤマ。
サトキマダラヒカゲ?   瑞穂町石畑
同定できる方お知らせください。
c0048196_17231959.jpg

Canon EOS 40D プログラムAE Tv1/400 Av5.6 露出補正-1/3 ISO200 EF100mm f/2.8L Macro IS USM

前からここにいるのを知っていたが、大きくなったので初公開。
100マクロIS用レンズキャップ=67mm
カブトムシ幼虫   瑞穂町石畑
c0048196_172833100.jpg

Canon EOS 40D プログラムAE Tv1/640 Av7.1 露出補正-1/3 ISO200 EF100mm f/2.8L Macro IS USM
ちょっと土をどけると沢山出てくる。地中から這い出てきている個体もいて、干からびて死んでいるものも。

場所移動。駐車場に車を止めると草地を白い蝶が飛んでいる。スジグロシロチョウかと思ったが、林の中へ入ったりするので、アカボシゴマダラかな?かなり大きい。ゆったり飛んでいてオオゴマダラのようだ。林から出てきて梅にとまった。
アカボシゴマダラ♀   武蔵村山市岸
c0048196_17382110.jpg

Canon EOS 40D 絞り優先AE Tv1/250 Av6.3 ISO200 EF100mm f/2.8L Macro IS USM 

バラ?   瑞穂町殿ヶ谷
c0048196_17414429.jpg

Canon EOS 40D 絞り優先AE Tv1/400 Av6.3 ISO200 EF100mm f/2.8L Macro IS USM 

その後、カラムシについたアカタテハの幼虫の巣を見つけ
c0048196_17431939.jpg

中を開けるとアカタテハ幼虫がいた。ここにはいくつも見られ、これから巣を作ろうとしている幼虫の姿も見られた。
アカタテハ幼虫  瑞穂町殿ヶ谷
c0048196_17444792.jpg

Canon EOS 40D 絞り優先AE Tv1/160 Av6.3 ISO200 EF100mm f/2.8L Macro IS USM 
葉脈に傷を付ける幼虫
c0048196_1747185.jpg

Canon EOS 40D 絞り優先AE Tv1/160 Av6.3 ISO200 EF100mm f/2.8L Macro IS USM 

キタテハ   瑞穂町殿ヶ谷
c0048196_17493522.jpg

Canon EOS 40D 絞り優先AE Tv1/125 Av9.0 ISO200 EF100mm f/2.8L Macro IS USM 

おまけ
コクワガタが樹液をさがしていた。   武蔵村山市



今日も蝶影は薄く、他にはヤマトシジミ、ツバメシジミ、ベニシジミ、コミスジ、ゴマダラチョウ、イチモンジセセリ、ダイミョウセセリ、ヒメキマダラセセリ、クロヒカゲ、コジャノメ、ヒメウラナミジャノメ以上瑞穂町。テングチョウ、イチモンジチョウ以上武蔵村山市。を目撃した。
THEEND

by ainomidori443zeph | 2010-05-31 17:58 | 狭山丘陵 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : https://ainomidori.exblog.jp/tb/14493168
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by hirokou at 2010-05-31 18:39 x
ツマキチョウの蛹化、面白いです!
あの突起は最初くにゃって曲がっていて、時間が経つととがるのですね。すぐに茶色に変化するのも不思議です。
私も今日足を運びましたが、お会いできませんでしたね。
Commented by ainomidori443zeph at 2010-05-31 21:29
hirokou さん、こんばんは。
蛹の形状は科によって色々特徴があって面白いですね。周りの色によって蛹の色が変わったりするのも不思議ですね。スジグロシロは緑のままで、ツマキが茶色くなるのも面白いです。
今日行かれましたか!Uさんにはお会いしましたが・・・。クロコノマチョウの幼虫を探しているのですが、見つからなくて、トトロの方のは今どんな感じかご存じでしたら教えてください。
Commented by himeoo27 at 2010-05-31 22:07
ツマキチョウの前蛹~蛹の一連の写真とても楽しみました。
今日の一番↑のシャープな形状の完全蛹化後の姿素敵です。このまま、暑い夏、秋、寒い冬を過ごしてあの綺麗な成虫になるのですね!来年、成虫になった姿を見るのが待ち遠しいです。
Commented by ainomidori443zeph at 2010-05-31 22:38
himeoo27 さん、こんばんは。
楽しんでいただけたら嬉しいです。
夏の保管が不安ですがなんとかなるでしょう。と気楽に考えています。
翌々年に羽化したりすることもあるようなので、来春羽化しない場合見極めがむずかしそうです。
Commented by chochoensis at 2010-06-01 07:49 x
愛野緑さん、=ツマキチョウ=蛹化!おめでとうございます。本当にユニークな姿で素敵ですね・・・。素晴らしい観察になりましたね!
Commented by 愛野緑 at 2010-06-01 17:01 x
chochoensis さん、こんにちは。
ありがとうございます。野外では蛹を見つけられそうにないので、こういう方法をとりましたが、思わぬ発見が出来ました。
Commented by hirokou at 2010-06-01 21:39 x
こんばんは。
クロコノマの状況をずっと確認してきましたが、冬場に刈られたジュズダマが出てこないため今のところ全く見られません。
Commented by ヘムレン at 2010-06-01 21:50 x
幼虫、蛹の観察・・・素晴らしいですね。
なかなかこれだけいろいろ見つけるのは大変です。頭がさがります(^^)
あまり自信はありません(^^;)が、サトに見えます。
判断点は、上翅に見えている眼状紋の外側の白い部分が不明瞭なこと(とは言ってもけっこう白いですが)。それから、後翅付け根の3つの紋の並びが直線的なこと・・・いかがでしょうか。。狭山あたりで見かけると、サト・・と決め付けてしっかり見ていません。いかがなものか・・・ですね(^^;)。
Commented by 愛野緑 at 2010-06-02 22:55 x
hirokou さん、こんばんは。ありがとうございます。
やはりそちらも刈られてしまったのですね。そちらでは毎年刈られてしまうのですか?その状態で秋にあれだけ見られれば問題ないですけど。この秋はどうなるでしょうか?
Commented by 愛野緑 at 2010-06-02 23:00 x
ヘムレン さん、こんばんは。
やはりサトでしょうか?これだけコントラストが強い個体を見ると疑ってしまいます。
最近、ウスバシロなども進入しているようですし、注意した方が良いかもしれませんね。


<< 2010年6月4日 オオルリシ...      2010年5月29日 ツマキチ... >>