2010年 09月 06日
2010年09月06日 狭山丘陵便り 幼虫三昧
まだまだ暑い日が続いている。そろそろ雨も降ってもらわぬ事には虫も植物も参ってしまう。

この暑さの中、コナラやクヌギの樹液にはアカボシゴマダラがいくつもやってきていた。

アゲハチョウやコミスジ、ヤマトシジミが多く見られ、サトキマダラヒカゲ、ヒカゲチョウ、コジャノメ、クロコノマチョウ、ムラサキツバメ、ムラサキシジミ、ベニシジミ、モンシロチョウ、アオスジアゲハ、キアゲハ、クロアゲハ、が1~2頭見られた。

前回キチョウの産卵と卵を撮影したが、今日行ってみると幼虫になっていた。
キチョウ幼虫   瑞穂町石畑
c0048196_14252913.jpg

Canon EOS 40D 絞り優先AE Tv1/320 Av5.6 ISO200 EF100mm f/2.8L Macro IS USM

アカタテハ幼虫   瑞穂町石畑
c0048196_14294115.jpg

Canon EOS 40D 絞り優先AE Tv1/125 Av5.6 ISO200 EF100mm f/2.8L Macro IS USM

風に揺られてちらっと何かが見えた。
キタテハ幼虫   瑞穂町殿ヶ谷
c0048196_14311869.jpg

Canon EOS 40D 絞り優先AE Tv1/160 Av5.6 ISO200 EF100mm f/2.8L Macro IS USM 内蔵ストロボ
キタテハの幼虫を見つけたのは初めてだ。カナムグラは沢山あり過ぎるし葉も茎もチクチクひっかっかるのが嫌で今まで探す気にならなかったので、ラッキーだった。

ルリタテハの幼虫にとても似ている。トゲトゲが痛そうだが、イラガの幼虫のように毒を持たないので触っても痛くない(たぶん、いや本当に)。

ということで”幼虫3枚”

おまけ
キタテハの巣
c0048196_14354679.jpg

Canon EOS 40D 絞り優先AE Tv1/500 Av3.5 ISO200 EF100mm f/2.8L Macro IS USM

スミナガシ蛹   瑞穂町石畑
c0048196_14381047.jpg

Canon EOS 40D 絞り優先AE Tv1/125 Av5.6 ISO200 EF100mm f/2.8L Macro IS USM
この蛹は既に死んでいるようだ。
THEEND

by ainomidori443zeph | 2010-09-06 14:39 | 狭山丘陵 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://ainomidori.exblog.jp/tb/15076504
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by himeoo27 at 2010-09-07 21:53
幼虫や蛹のラッシュでこれからの秋が楽しみです。
それにしても、キタテハとルリタテハの幼虫の形状良く似ていますね!
Commented by clossiana at 2010-09-08 15:38
キタテハの幼虫は未だ見たことがありません。仰られていますようにカナムグラは沢山あるのですが、ありすぎてなかなか探す気になれません。でも巣を目印にすれば楽かもしれないですね。今度気を付けて見てみます。
Commented by ainomidori443zeph at 2010-09-09 22:51
himeoo27 さん、こんばんは。
ルリタテハの方が色が多くて綺麗ですね。キタテハは1色という感じであまり綺麗な感じはしませんでした。
Commented by ainomidori443zeph at 2010-09-09 22:57
clossiana さん、こんばんは。
キタテハの幼虫は前から探さなくてはと考えながら見つける気になりませんでしたが、今回は風が吹いて葉が翻って見えました(笑。
ウラギンシジミの幼虫も探さなければと思いながら、見つけるに至っていません。


<< 2010年09月10日 狭山丘...      2010年08月26日 狭山丘... >>