2018年 04月 24日
2018年04月20日 中信地方のヒメギフは
先週ヒメギフに振られたので今回はどうしてもその姿を拝みたい。ということで、カタクリとヒメギフチョウが天然記念物になっているところへ行ってみた。

9時前に到着したが、すでに斜面には5名ほど撮影者の姿が。ヒメギフもすでに飛んでいるようで、皆さん金網越しに撮影していた。
発生していることが分かれば、金網越しに撮影しても色気が無いのでこちら側へ飛んでくるのを待とう。

ところがカタクリの状況は大半が悲惨な状態。大きい桜はあまり花が無い・・・。
ヒメギフも時々飛んでくるが止まらない。しかも遠い・・・。

シャッターチャンスが無いまま、その辺を歩き回りスミレやカキドオシなどを探しながら吸蜜個体を探すも見つからない。
日当たりの悪いカタクリは綺麗に咲いている。こんな所に来ればいいのになぁと、近くの神社にお願いをした。

すると1♀が現れた。
c0048196_21023137.jpg
c0048196_21021062.jpg
c0048196_21025250.jpg
交尾済みの♀だ。神頼みのおかげだろう。良かった!
ただ、花には止まらず飛び去ってしまった。

山道で待っていると地面に止まった。よく見るとスミレで吸蜜している!シャッターチャンス!
c0048196_21032251.jpg
顔があまり見えないが、なんとか撮影。

日蔭だったカタクリに日が当たるとそこへ吸蜜に。
c0048196_21033981.jpg

フラフラと高いところを飛んでいく個体を見つけたので追いかけると枝垂れ桜に止まった。
c0048196_21013650.jpg
ここまで来て良かった、カタクリも桜も撮れたど~。

飛んで来ては通り過ぎていく個体が多い中、やっと綺麗な状態のカタクリで吸蜜してくれた。数メートル先だがなんとか撮影。
c0048196_21011832.jpg
同じ所にいてもつまらないので周りを散策。するとヒメギフが飛んでいる。そしてタンポポに止まった。
これまたシャッターチャンス!
c0048196_21040220.jpg
この後この個体はなんと仏花に。
c0048196_21041386.jpg
蜜が出なかったのだろう、すぐに飛び去っていった。

確認できた個体はほとんど交尾済みの♀で、ウスバサイシンも葉が開いており、カタクリの時期にも遅かったが色々な花での吸蜜シーンが撮れたので先週のリベンジは出来たかな。
THE END






by ainomidori443zeph | 2018-04-24 21:41 | | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://ainomidori.exblog.jp/tb/29453997
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ダンダラ at 2018-04-25 18:47 x
あそこのヒメギフに行かれたのですね。
カタクリはもう終わりでしたか、今年は春が早いですからね。
それでも、エイザンスミレや、タンポポ、それにきれいなカタクリでの吸蜜が撮れてよかったですね。
Commented by 愛野緑 at 2018-04-26 06:31 x
ダンダラさん
斜面のカタクリはほぼ終わってました。折れた桜は満開でしたがルリタテハが来たくらいでした。

初めての場所でしたがなんとか訪花シーンを撮れて良かったです。
Commented by clossiana at 2018-05-01 09:21
ヒメギフを堪能されたみたいですね。撮影おめでとうございます。神社でお願いした甲斐がありましたね。私はこの中ではスミレに頭を突っ込んで吸蜜している絵が好きです。何か一生懸命に吸っている感じがするからです。タンポポでのシーンも余り見ないような気がします。
Commented by ainomidori443zeph at 2018-05-02 23:06
clossianaさん
現場に行くとすでにカタクリは悲惨な状態でウスバサイシンも葉が開ききっているしどうなることかと思いましたが、やはり神頼みのおかげでしょう、その後すぐからシャッターチャンスが訪れました。


<< 2018年04月26日 日の...      2018年04月12日 茅野... >>