2008年 08月 05日
ついに我が町でも! 2008年08月05日 狭山丘陵便り
西久保田んぼへようこそ」の霧島緑さんからコメントをいただいたので、早速あのクヌギに行ってみた。

職場の方は大雨のようだが、こちらは薄日が差している。ハッハッハ!
それはさておき・・・

クヌギに近づくとオオムラサキの♀が樹にまとわりつくように飛んでいる。
おぉ、樹液が出ているんだ!
回り込んでみると、そこには奄美大島で会って以来十数年ぶりになるアカボシゴマダラがいた。

アカボシゴマダラ♂   瑞穂町
c0048196_13114350.jpg

Canon EOS 40D 1/80  F4.0 ISO400 EF300mm f/4L IS USM
初め手持ちで撮影したが、高いところにいるので安全のため、三脚を使ってライブビューでの撮影に変えた。

近くにはオオムラサキの♂、♀が来ていた。やがて♂が近づいてきた。
ツーショット
c0048196_13105834.jpg
   
Canon EOS 40D 1/60  F4.0 ISO400 EF300mm f/4L IS USM

撮影中、車が近くを通り、その振動のためか、ノコギリクワガタが枝から落ちてきた!
c0048196_13195918.jpg

Canon EOS 20D 1/60  F2.8  ISO200 EF100mmMacro f/2.8 USM

今年はノコギリクワガタをよく見る。

エノキ組のツーショット
アカボシゴマダラ♂とオオムラサキ♂
c0048196_13224064.jpg

Canon EOS 40D 1/30  F5.6 ISO400 EF300mm f/4L IS USM

蚊に刺されながらしばらく撮影していたが、やがて皆散っていった。

日本ではアカボシゴマダラは奄美大島周辺にしか生息していない。
それがなぜ狭山丘陵に姿を現したか?

1995年にさいたま市、1998年に藤沢市あたりで採集、目撃され初め、ここ数年で川崎市、23区、多摩東部でも定着し始めたようだ。
研究者によると、この辺で記録されている個体は、奄美大島周辺の個体群とは別物で、中国大陸に生息している個体群が国内に持ち込まれ、故意あるいは不注意により放たれ、発生を繰り返しているということだそうだ。

本土には、このアカボシゴマダラが植樹としているエノキを食べる、近種のゴマダラチョウ、オオムラサキが生息しており、この種との競合が危惧されている。

最後に情報を頂いた霧島緑さんにお礼を申し上げる。

THE END

by ainomidori443zeph | 2008-08-05 13:31 | 狭山丘陵 | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : https://ainomidori.exblog.jp/tb/9376578
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by maeda at 2008-08-05 20:58 x
ゆっくりながら生息範囲を拡大しているのですね。
何処まで広がるのでしょうね?
複雑な心境です。
Commented by ヘムレン at 2008-08-05 21:02 x
とうとう出てしまいましたね。。オオムラサキとのツーショット(^^;)。。
なんか、違和感ありますね~。。あはは。南のほうでは当たり前のショットなのかもしれませんが、やっぱり、ゴマダラチョウのほうが・・・・(^^)
アカボシの食欲は旺盛ですから、オオムラサキやゴマダラチョウの食べる分が減らないといいのですが~。。まだまだ、増えますね(^^;)
Commented by 愛野緑 at 2008-08-05 22:07 x
maedaさん、いつもありがとうございます。
誰かがあちらこちらに撒いていないとすれば、ツマグロヒョウモン同様かなりの強者のようです。北関東あたりまでは普通に見られるようになってしまうのではないでしょうか・・・。
Commented by 愛野緑 at 2008-08-05 22:12 x
ヘムレンさん、
ご期待の??ツーショットがいきなり撮れてしまいました・・。
ビックリです。

あまり増えないように捕獲した方が善いのでしょうか??

Commented by murakumolabo at 2008-08-05 22:47
多摩付近でも人為的な放蝶が行なわれているらしいので、
勢力拡大というよりは、2次放蝶の可能性が高いと思われます。

競合は無いと言う説もありますが、
実際に、神奈川ではゴマダラチョウがかなり少なくなっていますし、
ゴマダラチョウよりもさらに生息地の狭いオオムラサキは正直心配です。

遅くなりましたがミヤマシロチョウおめでとうございます。
Commented by 愛野緑 at 2008-08-06 23:09 x
murakumolaboさん、コメントありがとうございます。
2次放蝶ですか!?あまりに拡大スピードが速いですものね。

もともといた種が、放蝶などが原因で消えていくのはおかしいですですからね。影響が出ない事を願うばかりです。
Commented by thecla at 2008-08-06 23:18 x
つにアカボシとオオムラサキのツーショットですか。
おめでとうございますと言ってよいもんかどうか、こいつの場合微妙な気が・・・・。
なんか一昔前のホソオチョウのようになってきたということでしょうか。少なくとも我が家の近くではゴマダラチョウよりよっぽど見かけることが多くなってきました。
Commented by chochoensis at 2008-08-07 16:34 x
愛野緑さん、いよいよアカボシも進出ですか・・・心配していた事が現実味を帯びてくると心配ですね・・・2次放蝶は、いけませんね・・・そうであってほしくないです。
Commented by 愛野緑 at 2008-08-07 21:42 x
thecla さん、
アカボシが多く見られるようになったというのことは、確実に定着し始めているということですね。
他に影響が出ない事を望むだけです・・。
Commented by 愛野緑 at 2008-08-08 09:21 x
chochoensis さん、
私はようやく観察することが出来ました。
こうなったらうまく共存してもらうしかないですね。
Commented by ダンダラ at 2008-08-10 01:01 x
狭山丘陵ではかなり分布を広げつつあるのでしょうか。
オオムラサキの分布圏にも広がってきたとなると、今後の動向が気になりますね。
Commented by 愛野緑 at 2008-08-10 22:08 x
ダンダラ さん、
我が町ではここでしか見たことないのですが、一昨日も1頭前のとは別の個体とみられるものが観察できました。
このときオオムラサキはいませんでした。

あの樹液酒場からはかなり離れているので、飛び火して発生しているのだと思います。

PS:樹液酒場は廃業しました・・・。
葉がすべて茶色く枯れていました。ヤマトタマムシやカミキリが数種集まってきておりました。
Commented by 霧島緑 at 2008-08-10 23:49 x
アカボシとオオムラサキのツーショット、撮影できて良かったですね。
ここの樹液はしばらく出ていなかったので心配していましたが、完全復活したようですね。
Commented by 愛野緑 at 2008-08-11 21:00 x
霧島緑さん、情報ありがとうございました。
意外とレアなツーショットなのでしょうか?

アカボシは、スズメバチもあまり気にしないようで平然と樹液を吸っていました。


<< ヤマトタマムシ 2008年08...      オオムラサキ♀ 2008年07... >>