カテゴリ:蝶( 219 )

2018年 09月 04日
2018年08月25~26日 西多摩昆虫同好会夏合宿
恒例の夏合宿が山梨県で行われた。

キベリタテハは見当たらず。崖沿いで待っているとシータテハが吸水に来た。
c0048196_11310541.jpg
c0048196_11280478.jpg
今までになくスジボソヤマキチョウが見られ
c0048196_11284226.jpg
c0048196_11292794.jpg
c0048196_11293959.jpg
同一個体だけど。

シカの影響でマルバダケブキしか咲いていない。
ミヤマカラスアゲハ♂
c0048196_11282961.jpg
少し擦れたヒオドシチョウ
c0048196_11311427.jpg
シカ避けネットに首を突っ込み抜けられなくなった
c0048196_11312801.jpg
夕方宿に着くと同時にアルコールトラップに捕まり、
c0048196_13190672.jpg
久しぶりに頭痛に襲われた。
気温17度。下界は37度らしい。天国だ。

夜間のライトトラップは、月齢も悪かったが、昼間の虫の少なさ同様ほとんど虫が集まらず、皆さん早々に床についた。

翌日は二日酔いで食欲が無く・・。なんとか梅干しでご飯1杯詰め込み・・。。
そして頑張って登山。目的はエルとキベリ。

高度を稼いでみたものの、ミドリヒョウモンくらいしかおらず。

あきらめ下山。

帰りに林道を流しているとキベリタテハが飛び立った。しまった、こんな日蔭にいるとは・・。
車を止めて見失った個体を探すこと20分、いたいたこんな所で吸水している。

キベリタテハ
c0048196_13012260.jpg
ようやく撮影することが出来た。
やれやれ。

帰宅すると待っていたのは熱い空気だった。
THE END






by ainomidori443zeph | 2018-09-04 13:34 | | Trackback | Comments(4)
2018年 07月 09日
2018年07月03日  新潟県のクロシジミ
このところ、クモツキ、キマルリと二連敗・・。ワールドカップは負けたけど、クロシジミで負けたら私は三連敗・・。負けるわけにはいかない。
ポイントは分かっているので、不安なのは時期だけだ。これだけクリア出来ればなんとかなるか。
今年は春から引き続き発生が早いようなので、以前に撮影した時よりも20日ほど早めに行ってみた。

クロシジミ♂の開翅を期待して。

フライング気味かとも思ったが発生していて良かった。
綺麗な♂
c0048196_10541887.jpg
c0048196_10542433.jpg
今回は♂も幾つか見られた。ただ開翅はせず撮影も翅裏だけ・・。

少し驚いたことには既に♀も発生しており幾つか見られた。
c0048196_10544040.jpg
暑いので日蔭で休む個体が多い。樹肌と似ていて保護色になっているんだなぁと。分かりますか?
c0048196_10544983.jpg
暑くて・・。

開翅もせず止まっているだけなので、付近を散策。
前回は擦れていたヒメシジミもいくつもいて、綺麗な個体を選んで撮影。
c0048196_10554013.jpg
c0048196_10555157.jpg
c0048196_10561798.jpg
交尾ペア
c0048196_10565765.jpg
ミドリヒョウモンの交尾ペア
c0048196_10552017.jpg
午後の開翅を待ったが、大粒の雨が落ちてきて、近くで雷鳴もなったので退散することにした。
THE END



by ainomidori443zeph | 2018-07-09 11:15 | | Trackback | Comments(4)
2018年 06月 27日
2018年06月26日 山梨県都留市にて
梅雨明けを思わせる良い天気。

尾状突起が4本あるチョウを探しに行ってみた。

尾状突起が無い個体は多かった。
c0048196_15192162.jpg
EOS 5D Mark III EF100mm f/2.8L Macro IS USM

部状突起が2本ある個体も幾つか見られた。
c0048196_15235582.jpg
EOS 5D Mark III EF100mm f/2.8L Macro IS USM

c0048196_15250719.jpg
EOS 5D Mark III EF100mm f/2.8L Macro IS USM
c0048196_15245805.jpg
EOS 5D Mark III EF100mm f/2.8L Macro IS USM
など
THE END


by ainomidori443zeph | 2018-06-27 15:27 | | Trackback | Comments(0)
2018年 05月 07日
2018年05月01日 あきる野市の蝶
前回撮影したオナガアゲハの出来が悪かったのでリベンジ。

道沿いに良さそうなヒメウツギが咲いていたので車を止めてみる。なにかいるかな?
と、クモガタヒョウモンが止まっている!急いで車からカメラを持ってくる。
c0048196_18052602.jpg
少し遠かったがなんとか撮影出来た。
他に何かいないかな?と花をチェック。コミスジ、サカハチチョウ、ウスバシロチョウ、オナガアゲハ。どれもゆっくり吸蜜してくれない。

ふと河原をみると、オナガアゲハ1頭吸水している姿が目に入った。吸蜜シーンは撮れないから吸水でも良いか。
と河原におりてみると・・・。

1頭かと思っていたら黒い塊が!!
c0048196_18111263.jpg
西表のミカドアゲハにも負けない集団吸水だ。
こんなのを都下で見られるとは!

望遠で撮ってから少しずつ近づく。
何頭いるか数えられない(^^;

c0048196_18084343.jpg
c0048196_18091223.jpg
パラ、パラと散っていき、ちょっとした動きで皆いなくなる。

少しすると徐々にまた集まってくる。
c0048196_18112955.jpg
よく見るとマドガも幾つか見える。

うまく撮れたかなと引き上げることにした。
・・実際に写真を見るとなかなか良い絵がないものだ。

もう少し上流に行くとオナガアゲハが吸蜜していた。
今回はと、SSを1/1000合わせて狙ったが、チョコチョコ飛び回るのでピントが間に合わない・・。
c0048196_18104139.jpg
c0048196_18105042.jpg
こんな感じで終わった・・。

帰り際橋の上からヒメウツギを見ているとトラフシジミがいた。
止まった所を撮影しようと追っていると、開翅!
c0048196_18114926.jpg
吸蜜をしないで小飛している。すると花芽に止まり産卵を始めた。
c0048196_18093610.jpg
c0048196_18095961.jpg
飛び去った後ちょっと開いてみた。
c0048196_18101214.jpg
綺麗なエメラルドグリーンの卵があった。
THE END








by ainomidori443zeph | 2018-05-07 20:59 | | Trackback | Comments(4)
2018年 05月 01日
2018年04月26日 日の出町の蝶
場所によってはミヤマカラスアゲハも発生しているようなので、ウスバシロチョウの様子を見つつ出かけてみた。

サカハチチョウ
c0048196_22003533.jpg
ウスバシロチョウ♀
c0048196_22013449.jpg
なかなか止まらないウスバシロチョウだが昼近くになり吸蜜。

場所を代え昼を食べていると
ツマキチョウも吸蜜
c0048196_22004921.jpg
アリが歩いているのかと思ったら、何か変。
アトモンサビカミキリのようだ。
c0048196_22010414.jpg
オサも出てきた。西多摩昆虫同好会の方に教えて頂いた。
エサキオサムシ
c0048196_22011782.jpg
ツツジに花を確認すると
オナガアゲハが蝶道になっているようで時々飛んでくる。
c0048196_22022169.jpg
c0048196_22023850.jpg
c0048196_22025113.jpg
ミヤマカラスアゲハは見られなかったが、アカタテハ、コミスジ、クロアゲハ、スジグロシロチョウが見られた。

SSが遅くてブレている写真がほとんどだったので、次回リベンジしたい。

THE END


by ainomidori443zeph | 2018-05-01 22:27 | | Trackback | Comments(0)
2018年 04月 24日
2018年04月20日 中信地方のヒメギフは
先週ヒメギフに振られたので今回はどうしてもその姿を拝みたい。ということで、カタクリとヒメギフチョウが天然記念物になっているところへ行ってみた。

9時前に到着したが、すでに斜面には5名ほど撮影者の姿が。ヒメギフもすでに飛んでいるようで、皆さん金網越しに撮影していた。
発生していることが分かれば、金網越しに撮影しても色気が無いのでこちら側へ飛んでくるのを待とう。

ところがカタクリの状況は大半が悲惨な状態。大きい桜はあまり花が無い・・・。
ヒメギフも時々飛んでくるが止まらない。しかも遠い・・・。

シャッターチャンスが無いまま、その辺を歩き回りスミレやカキドオシなどを探しながら吸蜜個体を探すも見つからない。
日当たりの悪いカタクリは綺麗に咲いている。こんな所に来ればいいのになぁと、近くの神社にお願いをした。

すると1♀が現れた。
c0048196_21023137.jpg
c0048196_21021062.jpg
c0048196_21025250.jpg
交尾済みの♀だ。神頼みのおかげだろう。良かった!
ただ、花には止まらず飛び去ってしまった。

山道で待っていると地面に止まった。よく見るとスミレで吸蜜している!シャッターチャンス!
c0048196_21032251.jpg
顔があまり見えないが、なんとか撮影。

日蔭だったカタクリに日が当たるとそこへ吸蜜に。
c0048196_21033981.jpg

フラフラと高いところを飛んでいく個体を見つけたので追いかけると枝垂れ桜に止まった。
c0048196_21013650.jpg
ここまで来て良かった、カタクリも桜も撮れたど~。

飛んで来ては通り過ぎていく個体が多い中、やっと綺麗な状態のカタクリで吸蜜してくれた。数メートル先だがなんとか撮影。
c0048196_21011832.jpg
同じ所にいてもつまらないので周りを散策。するとヒメギフが飛んでいる。そしてタンポポに止まった。
これまたシャッターチャンス!
c0048196_21040220.jpg
この後この個体はなんと仏花に。
c0048196_21041386.jpg
蜜が出なかったのだろう、すぐに飛び去っていった。

確認できた個体はほとんど交尾済みの♀で、ウスバサイシンも葉が開いており、カタクリの時期にも遅かったが色々な花での吸蜜シーンが撮れたので先週のリベンジは出来たかな。
THE END






by ainomidori443zeph | 2018-04-24 21:41 | | Trackback | Comments(4)
2018年 04月 14日
2018年04月12日 茅野市のヒメギフは
23年ぶりだと思っていたら、記録を見ると11年前にも行っていた。
この時に比べると、桜は満開だし期待通り発生しているはずだ。
長野県に入る前までは日差しもたっぷりだったが、現地に到着すると、上空は薄雲が広がりその下には黒い雲が流れ風も冷たい。
こりゃだめかな~と、以前卵を確認した所へ行ってみると良い感じで芽吹いていたので、時期は外していないはず。
c0048196_22371869.jpg
一時間程すると太陽が時々顔を出すようになり、ヒメギフの登場に期待が膨らむ。

カタクリは無いので、スミレやスイセン、サクラ、タンポポ、フキノトウなどが咲く近くで待機するものの全く出ない。

ミヤマセセリやルリシジミが飛び出した。
c0048196_22383907.jpg
大きめの白い蝶が藪の中に現れた。
スジボソヤマキかなと慎重に近づき撮影。
c0048196_22372820.jpg
花から花へと飛び移るがなんとか吸蜜シーンを撮ることが出来た。
帰宅してから見ると、飛び上がるところが偶然撮れていて、ジャスピンでブレもしておらず、私自身過去最高の飛翔写真になった!
c0048196_22374314.jpg
ほんと、偶然・・・。

さて、23年前に採集した場所はどこだったか全く記憶が無く・・・。
周りを歩いてみると、路上に鳥が死んでいる。
フクロウのようだ。まだあまり時間が経っていないのか、綺麗な状態だった。
c0048196_22380052.jpg
結局ヒメギフチョウは姿を現さなかった。
時期が早かったのか、個体数が激減したのか?
環境はそんなに変わっていないようなのだが・・。

THE END


by ainomidori443zeph | 2018-04-14 23:06 | | Trackback | Comments(2)
2017年 09月 28日
2017年9月25日 奥多摩のシータテハなど Ⅱ
またまた奥多摩へ行ってきた。なぜか・・・?

それは前回「やらかしてしまった」後始末・・・。

c0048196_19485116.jpg
シータテハを低い位置で撮影するときに三脚のエレベータを外し林道脇へ置いたまま帰ってきてしまった。その回収を兼ね、蝶の様子を見るために。

確か地面に置いたはずなのだが、どなたかがコンクリートの上に置いておいたくれたようだ。あれから台風18号が通過したこともあり、内部は少し濡れていたが
傷もなく無事に戻ってきた。良かった良かった。

大きめなシジミチョウがいたのでよく見るとウラナミシジミ。
c0048196_19483162.jpg
幾つか見られたのはアカタテハ
c0048196_19481356.jpg
今回もワインを撒いて待っているとやがてシータテハがやってきた。
c0048196_19480612.jpg
ワインに引きつけられたのだろうが、口吻を伸ばして吸蜜しているようだ。

ついにキベリタテハは現れず・・。
しかしラッキーなことにゼフが飛んできて足元に止まった!

なんとか撮影出来た。
c0048196_19482331.jpg
エゾミドリシジミ♀のようだ。

今年はもうココへは来ないだろうな・・と思いつつ帰路についた。
THE END


by ainomidori443zeph | 2017-09-28 20:08 | | Trackback | Comments(2)
2017年 09月 25日
2017年9月15日 奥多摩のシータテハなど
先日都下でキベリタテハが見られたので、山梨はどうかな?天気はイマイチ、雲が多い。

林道にポカリとオシ○コを撒いておくとシータテハがやってきた。
c0048196_17033766.jpg
これを撮影した後、やらかしてしまった・・。
c0048196_17035145.jpg
キベリやエルは出てこなかった。

帰り道、イカリモンガが。
c0048196_17040742.jpg
THE END


by ainomidori443zeph | 2017-09-25 17:20 | | Trackback | Comments(2)
2017年 09月 21日
2017年9月11日 奥多摩のキベリタテハなど
林道を走っているとキベリタテハが飛んでいた。まずは証拠写真程度。
c0048196_20503541.jpg
これは幸先が良い。今日は沢山見られるかな。
翅が壊れているので証拠写真程度。

しかし、雲がどんどん厚くなり結局これだけしか見られなかった。

他には
サカハチチョウが少々。
c0048196_20504750.jpg
ミドリヒョウモンが少々。
c0048196_20510754.jpg
シータテハがひとつ。
c0048196_20505565.jpg
この日はこれにて雨が落ちてきたので
THE END


by ainomidori443zeph | 2017-09-21 21:14 | | Trackback | Comments(0)