2018年 04月 24日
2018年04月20日 中信地方のヒメギフは
先週ヒメギフに振られたので今回はどうしてもその姿を拝みたい。ということで、カタクリとヒメギフチョウが天然記念物になっているところへ行ってみた。

9時前に到着したが、すでに斜面には5名ほど撮影者の姿が。ヒメギフもすでに飛んでいるようで、皆さん金網越しに撮影していた。
発生していることが分かれば、金網越しに撮影しても色気が無いのでこちら側へ飛んでくるのを待とう。

ところがカタクリの状況は大半が悲惨な状態。大きい桜はあまり花が無い・・・。
ヒメギフも時々飛んでくるが止まらない。しかも遠い・・・。

シャッターチャンスが無いまま、その辺を歩き回りスミレやカキドオシなどを探しながら吸蜜個体を探すも見つからない。
日当たりの悪いカタクリは綺麗に咲いている。こんな所に来ればいいのになぁと、近くの神社にお願いをした。

すると1♀が現れた。
c0048196_21023137.jpg
c0048196_21021062.jpg
c0048196_21025250.jpg
交尾済みの♀だ。神頼みのおかげだろう。良かった!
ただ、花には止まらず飛び去ってしまった。

山道で待っていると地面に止まった。よく見るとスミレで吸蜜している!シャッターチャンス!
c0048196_21032251.jpg
顔があまり見えないが、なんとか撮影。

日蔭だったカタクリに日が当たるとそこへ吸蜜に。
c0048196_21033981.jpg

フラフラと高いところを飛んでいく個体を見つけたので追いかけると枝垂れ桜に止まった。
c0048196_21013650.jpg
ここまで来て良かった、カタクリも桜も撮れたど~。

飛んで来ては通り過ぎていく個体が多い中、やっと綺麗な状態のカタクリで吸蜜してくれた。数メートル先だがなんとか撮影。
c0048196_21011832.jpg
同じ所にいてもつまらないので周りを散策。するとヒメギフが飛んでいる。そしてタンポポに止まった。
これまたシャッターチャンス!
c0048196_21040220.jpg
この後この個体はなんと仏花に。
c0048196_21041386.jpg
蜜が出なかったのだろう、すぐに飛び去っていった。

確認できた個体はほとんど交尾済みの♀で、ウスバサイシンも葉が開いており、カタクリの時期にも遅かったが色々な花での吸蜜シーンが撮れたので先週のリベンジは出来たかな。
THE END






# by ainomidori443zeph | 2018-04-24 21:41 | | Trackback | Comments(4)
2018年 04月 14日
2018年04月12日 茅野市のヒメギフは
23年ぶりだと思っていたら、記録を見ると11年前にも行っていた。
この時に比べると、桜は満開だし期待通り発生しているはずだ。
長野県に入る前までは日差しもたっぷりだったが、現地に到着すると、上空は薄雲が広がりその下には黒い雲が流れ風も冷たい。
こりゃだめかな~と、以前卵を確認した所へ行ってみると良い感じで芽吹いていたので、時期は外していないはず。
c0048196_22371869.jpg
一時間程すると太陽が時々顔を出すようになり、ヒメギフの登場に期待が膨らむ。

カタクリは無いので、スミレやスイセン、サクラ、タンポポ、フキノトウなどが咲く近くで待機するものの全く出ない。

ミヤマセセリやルリシジミが飛び出した。
c0048196_22383907.jpg
大きめの白い蝶が藪の中に現れた。
スジボソヤマキかなと慎重に近づき撮影。
c0048196_22372820.jpg
花から花へと飛び移るがなんとか吸蜜シーンを撮ることが出来た。
帰宅してから見ると、飛び上がるところが偶然撮れていて、ジャスピンでブレもしておらず、私自身過去最高の飛翔写真になった!
c0048196_22374314.jpg
ほんと、偶然・・・。

さて、23年前に採集した場所はどこだったか全く記憶が無く・・・。
周りを歩いてみると、路上に鳥が死んでいる。
フクロウのようだ。まだあまり時間が経っていないのか、綺麗な状態だった。
c0048196_22380052.jpg
結局ヒメギフチョウは姿を現さなかった。
時期が早かったのか、個体数が激減したのか?
環境はそんなに変わっていないようなのだが・・。

THE END


# by ainomidori443zeph | 2018-04-14 23:06 | | Trackback | Comments(2)
2018年 04月 02日
2018年04月02日 狭山丘陵便り 外来種とスプリング・エフェメラル
咲き始めてから気温の高い日が続き、狭山丘陵でもはやくも桜が散り始めた。

さすがにホソオチョウも発生しているだろう。
♀は見られなかったが♂が発生していた。飛んでばかりなので仕方なく飛翔を撮影。
外来種のホソオチョウ♂
c0048196_23295928.jpg

c0048196_23294280.jpg

c0048196_23300841.jpg

c0048196_23303692.jpg
1頭だけ一瞬止まった。
c0048196_23302285.jpg
周辺を散策してスプリング・エフェメラルを見つけた。
コツバメ
c0048196_23304809.jpg
c0048196_23305613.jpg
ルリシジミと激しいバトルを繰り返していた。

六道山周辺では、ヒオドシチョウがクヌギで日光浴。
c0048196_23313733.jpg
これは今年の1月に特定外来生物に指定されたアカボシゴマダラの幼虫
c0048196_23311360.jpg
本当は殺処分しないといけないのかな?
この樹にはもう1ついた。


今年はまだベニシジミを撮影していなかった。
c0048196_23314655.jpg
撮影後に気がついたが、サクラの花びらが落ちていて春の雰囲気を醸し出している。
THE END











# by ainomidori443zeph | 2018-04-02 23:39 | 狭山丘陵 | Trackback | Comments(0)
2018年 03月 26日
2018年03月26日 スプリング・エフェメラル
都心は桜が満開だが、西多摩地区は3~5分咲きというところ。

所沢へホソオチョウを見に行ってみたが、いくつかモンキチョウが飛んでいるのを見ただけだ。
エノキにはジャコウアゲハの蛹が。
c0048196_16334259.jpg
なかにはうまく蛹化出来なかったまま乾燥してしまったものも。
c0048196_16335077.jpg
すでに午後2時を回っているし、風も強くなってきたので六道山へ桜を見に行くことにする。

車で走っていくと茶色い蝶が飛び出した。ミヤマセセリだっ!車を止めて探しに行くと、林内をひとまわり飛んで日だまりに止まった。
今年初のスプリング・エフェメラル撮影。
c0048196_16335722.jpg
気温が21度まで上がったようだ。
THE END



# by ainomidori443zeph | 2018-03-26 17:01 | 狭山丘陵 | Trackback | Comments(0)